« イスラム過激派2人目の処刑公開…残虐、狂気そのものだ | トップページ | もっと深層分析を! 数字比較の世論調査報道はもういい »

2014年9月 3日 (水)

総裁再選へ目配せ万全、実力派女性陣も…安倍改造内閣

 

 第2次安倍改造内閣の閣僚呼び込みをテレビ各社が報じていたが、正直、よくもこううまい解説をするものだなと思って、1時間も見入ってしまった。

 もちろん、テレビ記者のつじつま合わせの話がほとんどで、そのどれだけが当たっているか知らないが、その解説通りなら毎回のことながら政治は目覚ましい成果を上げるはずだ。この喜びを仕事で見せてほしいね。

 

元々、人事に解説なし―といわれる。人事をやる人の思いなんか誰も分からないからだ。人事権者の自己保身、政策推進力強化、人材育成…などいろいろ狙いはあるし、今回の改造の狙いをあえて解説するなら、安倍首相の党内基盤強化、統一地方選に向けた党勢強化、内政外交の推進力強化…の3点にあると見ていいだろう。

内閣支持率の低下を反転させ、来年の総裁選に備えることがまず大きいだろう。

 

幹事長に谷垣元総裁を据えたのをはじめ党内に広く影響力のある重鎮をそろえたことでも明らかだ。首相の人事権を真っ向から揺さぶった石破前幹事長は結局、一閣僚に取り込まれ、次の総裁選に再挑戦の芽もおぼつかなくなった。来年の統一地方選で勝利して初めて自民党の復権が本物になる―という石破氏の幹事長続投根拠は、地方創生相というポストの重荷として返ってきた。

 

アベノミクスだってその成果は地方に実感として実っていない。特に中小企業は続々と倒産に追いやられている。消費税を目標通り10%まで引き上げることができるかどうか、圧倒的に多数を占める国民の暮らしへの備えをどうする。石破氏に地方の課題がまとめて背負わされることになった。権力に盾突いた者は立ち上がる余地すら見つからぬほどたたきのめされる。それが権力争いの実相だ。

 

女性閣僚・役員の登用は過去最多ながら6人にとどまった。女性議員が1割という現状では仕方がないが、その任にこたえられる女性議員が増えている。政権の人気取りのためならごめんだが、当選回数だけ「入閣適齢期」という男性議員を凌ぐ時代の始まりなら歓迎だ。社会保障の確立、原発再稼働問題…など懸案は山積みだ。閣僚の何人がその仕事をこなせるか、楽しみな第2幕だ。

 

川柳「朝囀」内閣は 男ばかりが 晩婚化  ()

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 http://gonbee-72.cocolog-suruga.com 

« イスラム過激派2人目の処刑公開…残虐、狂気そのものだ | トップページ | もっと深層分析を! 数字比較の世論調査報道はもういい »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 総裁再選へ目配せ万全、実力派女性陣も…安倍改造内閣:

« イスラム過激派2人目の処刑公開…残虐、狂気そのものだ | トップページ | もっと深層分析を! 数字比較の世論調査報道はもういい »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ