« 新聞、テレビは小渕氏や松島氏に辞任、辞職しろとなぜ言わない | トップページ | 辞任騒ぎに調子づく各党談話…小沢さん、そこまで言えますか »

2014年10月20日 (月)

小渕経産相辞任、松島法相も…首相の女性閣僚登用大ミス

 

 小渕優子経産相が政治資金問題で辞任した。当然だ。責任を取ったのではない。逃げただけだ。早いうちに議員辞職すべきだ。志は何だったんだ。元総理の娘という七光りに乗っただけだったのか。金バッジをつけて威張ってみたかったのか。国のため、国民のため、歴史の一ページに心血捧げようと思ったのではないのか。「1票」の振り込め詐欺じゃないか。

 

 「金」(かね)で人間性まで疑われてしまうなんて恥ずかしい話だ。どんな立派なことを言ったって、どんなに善政ぶったって、ひとたびそんな恥をかけば政治家としての品格は地に落ちる。疑惑をくぐり抜けてきた厚かましい政治家たちは今も現役として赤じゅうたんをかっ歩しているが、国会見学の子どもたちからも相手にされない。政治家の抜け殻みたいなものだ。

 

 「政治と金」の問題は大別すると3点で暴くことができるのではないかと思う。

一つは政治に金がかかるという問題だ。正しくは政治家が「金に頼り過ぎる」と言った方がいいかもしれない。有権者の心をひとつかみにするために金を利用する。小渕氏の観劇会もそうだ。バス旅行は「金で票を買う」定番だ。政治家は政治をやるのではなく選挙のために人心懐柔策をやっているだけなのだ。

 

そのために大勢の私設秘書を抱える。その人件費に膨大な金が必要なのだ。

そうした活動や事務所の運営はすべて秘書まかせである。政治資金収支報告書の作成はほとんどの国会議員が秘書まかせであり、過去に司直の捜査を受けた議員のほとんどが「収支報告書なんか見たこともない」と悪びれず答えている。ちょっと間が抜けた秘書がミスして不正がバレてしまうだけなのだ。

 

三つ目は有権者がつくっている「たかり」構造だ。昔、バス旅行に招かれる市民の間でこんなケチな話が現実に私の選挙区であった。ある代議士は150円の弁当だが、もう一人の代議士は220円の弁当を出してくれる。市民は後者の後援会に集まる。選挙の時も後者が圧倒的に強い。弁当一つにつられる市民がわるい。不真面目すぎる。小渕氏の観劇バス旅行も同じだろう。

 

選挙区に名前入りのうちわを配った松島みどり法相も辞任は時間の問題だ。「東大出」を鼻にかけていたそうだが、東大を出ただけじゃないか。安倍首相も「女性が輝く社会」だとか何とか浮わついたことを言ってられない。社会の片隅で汗まみれで働いている女性だってひたすら家庭にあって社会の底辺を支えている女性だっているんです。安倍首相の言動はアベコベだ。

 

川柳「朝囀」名士の

(

)

 父にも負けぬ おとぼけで (誠)

 

 

 http://gonbee-72.cocolog-suruga.com 

« 新聞、テレビは小渕氏や松島氏に辞任、辞職しろとなぜ言わない | トップページ | 辞任騒ぎに調子づく各党談話…小沢さん、そこまで言えますか »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小渕経産相辞任、松島法相も…首相の女性閣僚登用大ミス:

« 新聞、テレビは小渕氏や松島氏に辞任、辞職しろとなぜ言わない | トップページ | 辞任騒ぎに調子づく各党談話…小沢さん、そこまで言えますか »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ