« 術中にはまった訪朝…家族会が心配した通りだ | トップページ | 樹木希林さん叙勲おめでとう…あっぱれだね »

2014年10月31日 (金)

なぜ望みがありそうな話ばかりする…拉致訪朝は失敗じゃないか

 北朝鮮側の発言を都合よく解釈して次々と期待を持たせるようなことを言っているが、それがかなわなかった時にはどうするんだろう。

 平壌に乗り込んでの日朝協議の結果を受けた安倍首相ら政府発言を聞いていると結局は拉致被害者家族会を裏切ってしまうのではないかと不安になる。相手にそんなに誠意があるならもっと早く対応しているはずだ。

 

 家族会が懸念した通り拉致問題については報告らしい報告はなかった。その中で政府は「過去2回の調査結果にこだわらず、新しい角度からくまなく調査を深める」「(拉致を行った)特殊機関も徹底的に調査する」との北朝鮮の表明に飛びついた。横田めぐみさんら12人について「8人死亡、4人未入国」「拉致問題は解決済み」としてきた従来の発言とは違うが期待につながる根拠はない。

 

それでも政府は、拉致問題が最重要と伝える目的は達したし、それによって北朝鮮が新たな姿勢を示したものと受け止め、朗報をもたらしてくれるのではないかという感触に変わった。それでいいのか。北朝鮮ペースそのものじゃないか。

拉致問題が最重要と伝えるのが目的だったというが、そんなこと小泉首相(当時)が乗り込んで拉致被害者を救出した時に伝わっている。相手は百も承知だ。

 

明らかに北朝鮮は時間稼ぎをしている。強い態度で迫らないから、終戦前後に亡くなった日本人の遺骨、終戦の混乱で北朝鮮に残された日本人、帰還事業で在日朝鮮人の夫と北朝鮮に渡った日本人配偶者などの調査結果を並べ立て拉致は無視同然だった。それでも代表団は何も言わず帰国した。12人中8人が死亡…67%の異常な死亡率の報告を鵜呑みにして帰国した小泉訪朝団と変わらない。

 

今後、調査の進展を迫っても「すでに説明した通りだ」と逃げられる。今回の代表団訪朝はそのために利用されただけかもしれない。その懸念が当たらないことをひたすら祈る。こんなにも長い年月にわたって苦しめ、悲しめてきた挙げ句が朗報なしで終わるようなことになったら政権は政治生命を問われるだろう。いや、国民を守り救出できない国中の政治家は総ざんげだ。

 

 

川柳「朝囀」望みあり 政府が感触 つくる国 (誠)

 

 

 

 

 

 

 

 http://gonbee-72.cocolog-suruga.com 

 

 

« 術中にはまった訪朝…家族会が心配した通りだ | トップページ | 樹木希林さん叙勲おめでとう…あっぱれだね »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ望みがありそうな話ばかりする…拉致訪朝は失敗じゃないか:

« 術中にはまった訪朝…家族会が心配した通りだ | トップページ | 樹木希林さん叙勲おめでとう…あっぱれだね »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ