« いよいよ日中首脳会談…もっと政治に思慮を! | トップページ | APEC首脳の集合写真…安倍首相の後列配置は嫌み »

2014年11月11日 (火)

日中首脳会談に勝者も敗者もない

 

 日中首脳会談から一夜明けると新聞、テレビは「笑顔なき握手」だの、「無表情会談」だのと、冒頭の握手シーンをめぐる観測に焦点を当てた。

こわばった2人の出会いを気遣い,面白がり、「信頼」に戻る道のりの遠さを印象づけることに紙面と時間を費やした。

 

つい2、3日前まで歴史認識や尖閣諸島をめぐって憎悪をぶっつけてきた相手が目の前に現われた。ニコニコ、愛想をくずして手を差しのべられるか。

大国を率いるリーダーがそんな軽薄さだったら信頼できないだろう。いや、そんな多重人格者を新聞やテレビは信頼しているというのか。

習近平主席にも硬い表情にならざるを得ない事情があっただろう。

 

初めてのAPEC首脳会合のホスト役をつとめる。成功させたいという気負いもあっただろう。国家主席就任から2年近く握手も対話もしていない安倍首相に会うとなれば緊張感もあっただろう。

それに国内には会談に反対や慎重論があり、ニコニコと握手したらすぐに反発を買ってしまう。そうしたことに配慮しての保身もあっただろう。

 

日本側がおもねたのか、中国側が妥協したのか。勝者は安倍首相か、習主席か。そんな話まで出ていた。そんなこと問うまでもないだろう。日中が断絶状態になったのは安倍首相の靖国参拝強行と野田前首相の尖閣国有化強行が引き金だった。尖閣は陸、海、空3方から一触即発の危機に瀕するなど万一を心配せざるを得ない状態になった。安倍首相はあらゆる手を尽くして会談にたどり着いた。

 

中国側は信頼厚い福田康夫元首相らの仲立ちにこたえる形で会談を実現させた。少なくとも安倍首相は「首脳会談を実現させた」とは胸を張れない。自分の思いを満たすことを優先させた安倍首相、日中の歴代指導者の合意を踏みにじった野田元首相、思慮を欠いた政治姿勢という点でいずれも勝者ではない。そういう軽率な政治家をリーダーとして続いていただく不幸こそ嘆くべきだ。

 

川柳「朝囀」すね蹴った 方が謝れ 言うみたい  (誠) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 http://gonbee-72.cocolog-suruga.com 

« いよいよ日中首脳会談…もっと政治に思慮を! | トップページ | APEC首脳の集合写真…安倍首相の後列配置は嫌み »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

日中の歴代指導者の合意を最初に踏みにじったのは、たび重なる領海侵犯をおこなった中国。
その行為によって石原都知事が都有化に動いた。

●2008年5月7日、日本を公式訪問した胡錦濤国家主席と福田康夫総理(肩書きはいずれも当 時)は、「戦略的互恵関係」の包括的推進に関する日中共同声明に署名し、日中関係が両国の いずれにとっても最も重要な二国間関係の一つであり、今や日中両国が、アジア太平洋地域及 び世界の平和、安定、発展に対し大きな影響力を有し、厳粛な責任を負っているとの認識で一 致した。

●しかし、その半年後の同年12月8日、中国公船(中国政府に所属する船舶)2隻が突如とし て尖閣諸島周辺の我が国領海内に初めて侵入し、度重なる海上保安庁巡視船からの退去要求及 び外交ルートを通じた抗議にもかかわらず、同日夕刻までの約9時間にわたり我が国領海内を 徘徊・漂泊する事案が発生。中国公船が我が国の主権を侵害する明確な意図をもって航行し、 実力によって現状変更を試みるという、尖閣諸島をめぐり従来には見られなかった中国の新たな 姿勢が明らかになった。

●2010年9月7日の尖閣諸島周辺の我が国領海内での中国漁船衝突事件以降は、中国公船が従 来以上の頻度で尖閣諸島周辺海域を航行するようになり、2011年8月に2隻、2012年3月に1 隻、同年7月に4隻による尖閣諸島周辺の我が国領海への侵入事案が発生した。
●2012年9月11日に我が国が尖閣諸島のうち3島(魚釣島・北小島・南小島)の民法上の所有 権を、民間人から国に移したことを口実として、同月14日以降、中国公船が荒天の日を除きほ ぼ毎日接続水域に入域するようになり、さらに、毎月おおむね5回程度の頻度で領海侵入を繰 り返すようになっている(詳細は上図参照)。このような事態は我が国として全く容認できる ものではなく、領海侵入事案が発生した際には、その都度現場において退去要求を行うととも に、外交ルートを通じて中国政府に対して直ちに厳重に抗議し、即時の退去及び再発防止を強 く求めている。

●尖閣諸島は歴史的にも国際法上も我が国の固有の領土であり、現に我が国はこれを有効に支 配している。中国による「力」を背景とした現状変更の試みには、関係省庁が一体となって、 我が国の領土・領海・領空は断固として守り抜くとの決意で毅然かつ冷静に対処している。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日中首脳会談に勝者も敗者もない:

« いよいよ日中首脳会談…もっと政治に思慮を! | トップページ | APEC首脳の集合写真…安倍首相の後列配置は嫌み »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ