« ブレイズは無礼に通じる…メダルをゴミ箱へあきれた選手たち | トップページ | 学力テスト、公表は学校、教師にゆだねよ »

2014年12月10日 (水)

舌禍はやっぱりこの人だ…麻生発言に党内ハラハラ

 

選挙遊説で舌禍があればまずこの人だろうと思っていたら、やっぱりやった。言うまでもないが、自民党副総理の麻生太郎財務相がその人だ。

社会保障費の増大をめぐって「老人が増えることばかりが指摘されているが、子どもを産まない方が問題だ」とやって、待ち構えていた新聞記者たちにつかまった。

 

終盤の選挙戦に影響は避けられないと慌てて言いわけ会見に及んだ。

「人口減少は国力に影響する大きな問題だ。経済的事情で産めないのは問題で、放置できる話ではない―という意だった」と釈明した。口は便利だ。

何と言い訳しようが、「産まない」と言った言葉は消せない。あっという間に「麻生氏、子どもを産まないのは問題―の問題発言」と列島に広がった。

 

政権のほかの閣僚からも苦言が漏れた。

「ライフスタイルのことまで踏み込んだ発言はいかがなものか」

「少子高齢化の問題は微妙だからこそ、発言は慎重であるべきだ」と苦々しい思いを込めた言葉が集中した。菅官房長官が「野党は一部だけ取って攻撃してくる」と幕引きの助け舟を出したが、容易におさまりそうにない。

 

 それというのも麻生氏の舌禍はその前にもあったばかりだ。

株高、円安で利益を出さない企業について「よほど運が悪いか、経営者に能力がないかだ」とやった。環境の変化に応じて努力しないと企業経営は思うに任せないものだという自ら企業経営者としての持論を述べたようだが、野党からは「中小企業の苦境を無視する発言だ」と一斉に攻撃された。

 

 そのなり直しが終わらぬうちに自ら火に油を注いだかっこうだ。結局は「産みたくても産めない状況に置かれているのが問題なんだ。そう言うべきだった」と重ねて釈明したが、おさまる兆しはない。政治家は話を分かりやすくしようと踏み込み発言するクセがあるが、この人は話をおもしろくしようとするから始末がわるい。党内は選挙が終わるまで発言を控えてくれ! とハラハラしている。

 

 川柳「朝囀」ご法度を すぐ忘れるのも 能がない  (誠)

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

« ブレイズは無礼に通じる…メダルをゴミ箱へあきれた選手たち | トップページ | 学力テスト、公表は学校、教師にゆだねよ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舌禍はやっぱりこの人だ…麻生発言に党内ハラハラ:

« ブレイズは無礼に通じる…メダルをゴミ箱へあきれた選手たち | トップページ | 学力テスト、公表は学校、教師にゆだねよ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ