« 熱狂、新聞論説陣…民主党エールきょうも止まず | トップページ | こんな時にも政略発言か…イスラム国人質事件下の党首発言 »

2015年1月21日 (水)

過激派の狂気止められるか…刻々と迫るその瞬間

 

イスラム過激派の脅威が2人の日本人男性に迫っている。

人命を盾にとっての脅迫は許しがたい。身代金要求に安易に応ずればどこまでもつけあがるだろう。国際社会がそれこそ命がけで進めているテロ対策の足並みを乱してしまうことになる。判断が極めて難しい。そこにつけ込むとは卑怯だ。

 

だが、正直に言って国民の間には「またか」という思いがあることも現実だ。

「なぜ、またそんな危険なところへ行ったんだ」と2人が拘束されるに至った行動への嘆きだ。これまでに何人もの日本人がテロリストや武装集団に狙われ尊い命を奪われ、脅威は遠い話ではなくなっている。そのたびに政府は内戦や紛争の地に踏み込むことに警戒を呼び掛けてきた。

 

 しかし、それでも熱い思いの人々の足を止めきれない。その瞬間の一枚の写真に千金の夢を抱いて無理をする者もいるが、多くのジャーナリストは戦いの中に人間の本当の姿を求める。戦火の下に繰り広げられる人間の狂気を世にさらし、命と平和の大切さを訴えたいと挑戦する人もいる。民族の対立が顕在化しつつある今こそ戦いの地に踏み入らねばならないと考えるのだろう。

 

 街や国を追われる人たちが激増する中で、日本政府が医療や食料を中心に人道的な援助を続けるのと変わらないのだ。そこに狙いをつけて脅迫に出たイスラム国の行為は狂気そのものだ。人道にもとる。

 だから、その脅しに屈してはならない。最後の最後までその過ちを訴え、2人の救出に向けて粘り強く交渉していくことだ。それしかない。

 

 安倍首相の中東歴訪のタイミングを狙われたことに政府は反省する必要がないだろうか。中東に平和や安定を取り戻すための非軍事支援を続ける意思を直接伝えたいというのが安倍首相の積極的平和主義の一端かもしれない。しかし、それをひけらかすことは牙を剥くテロ集団にチャンスを与えるようなものだ。

NGO活動などに参加する若者たちに脅威が及ばないよう備えてほしい。

 

川柳「朝囀」 こんな時 思い出すのは 赳夫さん  (誠)

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

« 熱狂、新聞論説陣…民主党エールきょうも止まず | トップページ | こんな時にも政略発言か…イスラム国人質事件下の党首発言 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過激派の狂気止められるか…刻々と迫るその瞬間:

« 熱狂、新聞論説陣…民主党エールきょうも止まず | トップページ | こんな時にも政略発言か…イスラム国人質事件下の党首発言 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ