« こんな時にも政略発言か…イスラム国人質事件下の党首発言 | トップページ | 後藤さん殺害される…人間の顔をした悪魔たちに憤り覚える »

2015年1月31日 (土)

処分された体罰先生過去最多…生かされぬ桜宮高校悲劇

 

児童生徒に対する教師の体罰が過去最多になったことが分かった。

体罰を理由に懲戒や訓告などの処分を受けた小中高校の教師は、2013年度だけで3953人に上り、前年度より1700人増の過去最多を記録した。部活指導などの手引きを作って配布したり、模範的なスポーツマンによる講演会・研修会などを開いたが、その成果にも疑問ありだ。

 

 2013年に大阪市立桜宮高校のバスケットボール部のキャプテンが指導者の体罰にたえかねて自殺したのをきっかけにスポーツ指導のあり方が問題になった。

体罰や「しごき」は被害者の心に深いキズを残したり自死を招く恐れが強く、厳しく禁止されている。だが、桜宮高校の教訓は競技現場からのプレッシャーで幕引きが急がれ、相変わらずの体罰教室に戻ってしまった。

 

1件なりとも、1人なりとも体罰に苦しめられ、あるいは苦しむことがあってはならないのに、史上最多を記録するとは「体罰が許されない雰囲気が醸成されつつある」という教育行政機関の発言はウソだ。文科省は「体罰やしごきへの関心が強まった結果として認知、あるいは覚知される件数が増えたのではないか」などと無責任なことを言っている。暴力教師を認めているようだ。

 

学力かスポーツかで二分されている教育、いや社会を改めない限り体罰はなくならない。全国大会、国際大会に出場したりすれば高校や大学、企業に推薦してもらえる。推薦で進学すれば授業料などの学費減免の恩典もある。その推薦を手に入れるために生徒はたえるしかない。教師や指導者は実績をあげれば発言力も大きくなる。いろんなプレミアもついてくる。勢い無理をするようになる。

 

生徒や学生を集めるため、学校経営の拠りどころにスポーツ推薦制をやっている学校もある。そのために指導者に暗黙のプレッシャーをかける。公立の小中高校だってスポーツ実績を教育委員会の教育評価につなげようとする校長が指導教師に無理を強要する。処分された教師はそういう点取り教育の犠牲者といえる。なぜ体罰がなくならない…有識者なんかに頼らず文科大臣がまず自分で考えることだ。

 

川柳「朝囀」指導者を 指導できる人 さがそうよ  (誠)

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

« こんな時にも政略発言か…イスラム国人質事件下の党首発言 | トップページ | 後藤さん殺害される…人間の顔をした悪魔たちに憤り覚える »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 処分された体罰先生過去最多…生かされぬ桜宮高校悲劇:

« こんな時にも政略発言か…イスラム国人質事件下の党首発言 | トップページ | 後藤さん殺害される…人間の顔をした悪魔たちに憤り覚える »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ