« 分からぬ不起訴処分…渡辺元代表の8億円借り入れ | トップページ | 熱狂、新聞論説陣…民主党エールきょうも止まず »

2015年1月19日 (月)

岡田新代表への激励で埋まる社説…もう党機関紙だね

 

今朝の新聞各紙はまるで岡田民主党新代表誕生への祝辞と応援メッセージ集だ。

社説はどれもかつて代表をつとめたこともある代わり映えもしない岡田氏なのに言うに事欠いて「重鎮、ベテラン、論客の再登場だ」とほめちぎり、その後は次々と民主党の体質的課題を心配し「党としての一体感を確立し」「安倍政権の政策に明確な対案を示すことだ」とまさに手取り足取りだ。

 

 いつから新聞、いや社説記者はそんなに偉くなったのだろうか。

野党と言えども野党第一党であり、いつ政権党に代わっても不思議はない。岡田氏は少なくともその新代表だ。政権をにぎれば総理大臣、一国のリーダーになる人だ。その人に向かってああしろ、こうしろと指図し、進路をさし示している。社説を書いている記者は国家の進路は自分が決めるものだと勘違いしている。

 

アベノミクスが国民に受け入れられたと自民党は大盤振る舞いだが、格差を作っただけだ。経済再生と財政再建を両立させたというが、借金依存に変わりはない。そう言って与党には批判をあびせておいて、格差是正、不平等是正、働く環境の改善や子育て支援への投資など民主党が一丸となって取り組めば必ずや政権復活の流れが生まれてくるはずだ、と身内並みの応援エールだ。

 

党の再建はたやすくないが、議論すべきは議論し、最後にはリーダーの決定に従う。そういう政党であることの必要を説いて、就任早々、党内融和と統率に腐心することになる岡田氏への協力を代わって党内に呼びかけているような文面ばかりが目立っている。こうなるともう新聞ではなく、党の機関紙ではないかと疑いたくなる。これにはサポーターたちも迷惑顔だ。

 

社説の命である批判は一つおぼえのように巨大与党へ向けられ、反動として民主党への過大な激励、声援になるのだろう。「民主党の再起は日本にとって重要だ」「春の統一地方選では自民党に比べ、圧倒的に弱い民主党の地方組織の強化は待ったなしだ」「投票先を見失った有権者の受け皿づくりを進めることが岡田体制の使命だ」…という肩入れし過ぎは、もはや嫌みにしか聞こえない。

 

 川柳「朝囀」大口を たたいて縮む 党もある  (誠)

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

« 分からぬ不起訴処分…渡辺元代表の8億円借り入れ | トップページ | 熱狂、新聞論説陣…民主党エールきょうも止まず »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡田新代表への激励で埋まる社説…もう党機関紙だね:

« 分からぬ不起訴処分…渡辺元代表の8億円借り入れ | トップページ | 熱狂、新聞論説陣…民主党エールきょうも止まず »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ