« 処分された体罰先生過去最多…生かされぬ桜宮高校悲劇 | トップページ | ならず者たちと人間愛の後藤さん同じレベルで論じるな »

2015年2月 1日 (日)

後藤さん殺害される…人間の顔をした悪魔たちに憤り覚える

 

 

 

私たちの願いは人間の顔をした悪魔たちには通じなかった。イスラム国は拘束していたフリージャーナリスト、後藤健二さん(47)を殺害したとする動画をネット上に公開した。強い憤りを感じる。何の落ち度もない2人を見せしめのようにネット上にさらし、虫けらのように殺害した残虐な行為は許せない。卑劣なテロ集団の壊滅を国際社会に強く訴えたい。

 

 72時間以内に身代金を払わなければ2人を殺害する―政府は《72時間》という時限爆弾を背負わされうろたえた。イスラム国に接触できるのか? 直接交渉は可能か? 中東の友国にどう協力を求めるか? 2004年イラクでボランティア活動家の高遠菜穂子さんら3人が誘拐された時と同じように交渉の取っ掛かりでまごついてしまった。残念だが日本の外交力の非力さだろう。

 

そうは言っても部族や民族対立の地で外交力を築くのはたやすくない。宗教や文化の違いを乗り越えるのは容易ではないからだ。今回もヨルダン政府の協力に頼るしかなかった。当初、湯川遥菜さん(42)救出に手もつかなかった。イスラム国が身代金要求からヨルダンに収監中の爆弾テロ事件実行犯サジダ・リシャウィ死刑囚の釈放要求に変えたことでやっと交渉の手がかりを得た。皮肉というしかない。

 

交渉も米国のイスラム国空爆に参加中に墜落しイスラム国に人質になったパイロットの解放がヨルダン国民の要求として浮上、後藤さんの解放は綱渡り状態になった。テロに屈しないと言いながらテロ集団に後藤さんの解放をすがるというちぐはぐだった。ヨルダン政府はよく頑張ってくれたが、やはり国民世論を後藤さんとパイロットとのセット交換で納得させることはできなかった。

 

イスラム国空爆に抗し米人記者などの「処刑」が行われている最中になぜ後藤さんらは現地に足を踏み入れたのか。悔まれる。戦火の中を懸命に生きる人々の報道を通して後藤さんが訴えたものは尊いが、命も大事にしてほしかった。個人の責任を超えた混乱を考えるべきだとする声もある。そういう危険と背中合わせで得る映像や情報にたよる映像メディア界も猛反省すべきだ。

 

 川柳「朝囀」地球より 重い命が 二つ消え  (誠)

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

« 処分された体罰先生過去最多…生かされぬ桜宮高校悲劇 | トップページ | ならず者たちと人間愛の後藤さん同じレベルで論じるな »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後藤さん殺害される…人間の顔をした悪魔たちに憤り覚える:

« 処分された体罰先生過去最多…生かされぬ桜宮高校悲劇 | トップページ | ならず者たちと人間愛の後藤さん同じレベルで論じるな »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ