« 票の数え直しや修正続出…チョンボ続きの開票所 | トップページ | 岡田代表、早稲田の学生に泣き言…それで救われたのか? »

2015年4月14日 (火)

新基準では安全確保できない…高浜原発に「ノー」

 

 関西電力高浜原発3、4号機の再稼働差し止めの仮処分決定は予想されたことだが、東電福島原発事故の後に定められた新規制基準を「原発の安全性は確保されていない」と全面的に否定しており、国の原発審査そのものに「ノー」を突き付けた点で、影響は大きい。

 

関西電力は仮処分決定に対して福井地裁へ異議申し立てを行い、改めて審理が行われる。3月20日には地元の高浜町議会も再稼働に同意していた。関西電力が3号機、4号機の再稼働を今年11月前後と見込んでいたスケジュールそのものに狂いが出てくるのは不可避だ。仮処分手続きで原発の運転差し止めが認められたのは初めてだ。

 

高浜3、4号機については国の原子力規制委員会が2月12日に再稼働の前提となる原発の新規制基準に基づく審査書を決定し、九州電力川内原発1、2号機に続いて新基準をクリアした。しかし、14日、福井地裁樋口英明裁判長は住民側の主張を認めて再稼働を認めない仮処分を決定、新基準を「合理性を欠く」と否定した。

 

つまり、国が原発再稼働の安全審査の唯一のハードルとして決めたモノサシを否定した。その基準に基づいて審査が予定されている国の原発再稼働方針に全面的に「ノー」の判定が下されたわけだ。今後、仮処分の執行停止や決定の取り消しがあっても国は現在の再稼働方針、規制基準などの見直しは避けられないだろう。

 

この日の法廷で樋口裁判長は、新基準について「深刻な災害を引き起こす恐れが万が一にもないといえるような厳格な基準にすべきなのに、新しい基準は緩やかすぎ、適合しても原発の安全性は確保されていない」と断じた。そのことは残る原発の再稼働に向けた審査にも直接、影響を与える。司法が原発を止()めたという点でも衝撃的だといえる。

 

川柳「朝囀」止められて 考えるでは 遅すぎる  ()

 

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

« 票の数え直しや修正続出…チョンボ続きの開票所 | トップページ | 岡田代表、早稲田の学生に泣き言…それで救われたのか? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新基準では安全確保できない…高浜原発に「ノー」:

« 票の数え直しや修正続出…チョンボ続きの開票所 | トップページ | 岡田代表、早稲田の学生に泣き言…それで救われたのか? »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ