« みんなあなたが悪いのよ…町村長半数近くが無投票 | トップページ | ドローンの官邸飛来を「故意か」と書くのん気…急げ危機管理 »

2015年4月22日 (水)

川内原発は新基準OK…どうすりゃいいのさ再稼働

 

 九州電力川内原発1、2号機の再稼働をめぐり、鹿児島地裁は22日、運転差し止めを求めた住民の仮処分の申し立てを却下した。

争点となった再稼働の前提となる新規制基準、原子力規制委員会による審査はいずれも不合理な点は認められないと断じ、今月14日に関西電力高浜原発3、4号機の運転を禁じた福井地裁の仮処分決定と対照的な判断となった。

 

世界で最も厳しいといわれた新規制基準、その基準に適応した原発は原則的に再稼働させるという政府方針。その妥当性について司法判断が真っ向から対立した。      

福井地裁は、深刻な被害が起きる恐れが万が一にもないといえるような厳格な基準にすべきなのに、新基準は緩やかすぎて、適合しても原発の安全性は確保されていない―と断じ、国の原発審査そのものに「ノー」を突き付けた。

 

だが、鹿児島地裁は、新基準は福島第一原発事故の経験を考慮した最新の科学的知見に基づいており、不合理はない―と断じた。規制委員会の審査も厳格かつ詳細に行われたと評価し、住民側の反対主張を退けた。

新基準をめぐって一方は「是」、他方は「否」と司法が真っ向対立してしまった。その間に立って、私たちはさてどう考えたらいいのか。悩ましい。

 

三権分立の原則を持ち出すまでもなく、司法は司法の立場で責任ある断を下した。

ただ、私たちが願うことはそのどちらの判断も原発の安全確保が原則だ。しかも、私たちは原発、原子力、放射能をめぐる専門知識を十分に持ちあわせてはいない。

それを代わってきわめ、知見を積み、万々一、安全が損なわれることがないよう備えるのがその道の専門家だ。私たちはそれを信じ、頼るしかない。

 

2つの司法判断が真っ向対立の形で示されたことは幸運かもしれない。

単なる訴訟の勝ち負けではない。住民側は納得できるまで抗告などの法的措置を進めるだろうし、再稼働、原発維持を基本線とする政府は原発をより安全なものにするための努力を怠るわけにはいかない。政府は「再稼働の方針に変わりはない」という菅官房長官談話を繰り返しているだけでいいわけがない。

 

 川柳「朝囀」新基準 可愛がられたり 蹴られたり  () 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

« みんなあなたが悪いのよ…町村長半数近くが無投票 | トップページ | ドローンの官邸飛来を「故意か」と書くのん気…急げ危機管理 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川内原発は新基準OK…どうすりゃいいのさ再稼働:

« みんなあなたが悪いのよ…町村長半数近くが無投票 | トップページ | ドローンの官邸飛来を「故意か」と書くのん気…急げ危機管理 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ