« もう税金払わないぞ! 五輪もやめちゃえ | トップページ | 政治家もメディアも、国民理解を進めるために何をしてきたか »

2015年7月15日 (水)

安保法制、国民の理解進んでいない…国会議員はどうです?

 

「国民の理解が進んでいると言い切る自信がない」。

石破茂地方創生相が安全保障関連法案の強行採決の流れが強まる中、会見でそう述べた。与党の閣僚という立場でそこまではっきり言うのは勇気が要ただろう。

政権が政治生命を賭けている最重要法案の成否に石を投げ込むような話だからだ。でも、本当のところ石破大臣のおっしゃる通りだろう。

 

昨年、集団的自衛権行使容認の閣議決定の時も8割の人が「よく分からない」と答えていた。今回の法案審議でも同じだ。むずかしい難解な話で、理解するためにどれだけ時間を費やしているかにもよる。国会で例を示し議論したが学び取る時間があったのは政治記者ぐらいのものだ。ほとんどの国民が国会中継の最中は汗水たらして働いている。

 

説明不足、国民理解を置き去りなんて書き立てている新聞、テレビが自ら国民理解を助けるための記事や番組を十分に提供していないじゃないか。連日のように識者を動員して反対論をばら撒いて、憲法9条を放棄して今にも戦争をはじめると言わんばかりだ。国会議員も説明を怠ってきた。野党だってこの国の国会議員だ。国民理解を促す説明責任はある。反対だけしていれば国を守れるのか。

 

急激に変化している国際情勢、平和主義を脅かすアジア情勢…国の守りをどう備えたらいいのか。元々は国、国民をどう守るかという話だったのに憲法論議に引きずり込んで、違憲、合憲の理論論争にしてしまった。責任のない憲法学者が現実を背負った政治の世界を攪乱した。そのために話が分かりにくくなったばかりか、審議時間をべらぼうに削ってしまった。

 

戦争が目的でなく、戦争をさせない抑止力に重きが置かれた集団的自衛権の行使だと理解にたどり着くのに時間がかかる。戦争したんでは困る。それを阻止する歯止め条項の徹底は私たち国民にかかっている。70年の間に日本国民は再び戦争をしない英知と覚悟を養ってきた。野党や新聞、テレビがそれも無視して「日本が戦争する国になった」などと騒ぐのは国民を愚ろうするものだ。

 

川柳「朝囀」「国民」を 使い分けてる 民主主義  () 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 http://gonbee-72.cocolog-suruga.com 

 

« もう税金払わないぞ! 五輪もやめちゃえ | トップページ | 政治家もメディアも、国民理解を進めるために何をしてきたか »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安保法制、国民の理解進んでいない…国会議員はどうです?:

« もう税金払わないぞ! 五輪もやめちゃえ | トップページ | 政治家もメディアも、国民理解を進めるために何をしてきたか »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ