« どうしたんだ埼玉県民…「うそつき」知事に圧勝プレゼント | トップページ | 日本の声を引き写し? 外国メディアの安倍談話批判 »

2015年8月15日 (土)

安倍談話全否定…一体、どこの国の新聞だ

 

 戦後70年の安倍首相談話を野党やメディア、評論家がどう評価するか、朝刊を楽しみに開いた。驚いた。まともに評価した記事や評論もないわけではないが、大部分が一言片句をつつき回して批判、いや難くせをつけているではないか。

一体、どこの国の新聞なんだ! 第一感、そう思った。

 

「首相自らの言葉でない」「欺瞞的な内容だ」という野党の悪態はいつものことでお話にはならない。首相は村山・小泉談話に盛り込まれた植民地支配、侵略、痛切な反省、心からのお詫び―の文言をあげ、「ゆるぎないものとして引き継いでいく」と語った。それを「引用」「間接的表現」と決めつけている。村山さん自身がのこのこ出てきて「談話を引き継がれた印象がない」と言いだすありさまだ。

 

それに便乗したのか、新聞も評論家も同じように「引用だ」「間接表現による本音隠し」と文句ばかり並べている。「社説」にもかかわらず、「反対」「否定」ばかりで自分たちの考えを押し隠したままなのはどこのどなたか。他人の意見を否定するなら、その理由を明確に示すのは当然だろう。引用がいけないというなら、私ならこう表現するという具体例をもって示すべきだ。

 

正直、村山談話も小泉談話も「反省」「お詫び」が中心で贖罪色が強すぎた。進路を誤まった国を受け入れてくれた国際社会に「感謝」を書き加えた安倍談話は評価すべきだ。「子や孫、その先の世代の子どもたちに謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」との文言も評価したい。私たち国民の願いでもあるからだ。私たちは子や孫にそれを具現化する未来志向の取り組みを始めなければならない。

 

戦争を起こした当事者として過去とキチッと向き合う―そのことの大切さを考えさせるとともに、今こそ未来に向けたスタートの時だ。安倍談話はそれを語り掛けている。批判することが特権であるかのごとく邪心に溺れ、常に自分たちは正す側にいると錯覚、正される側にいることにも気づかないようなメディアや評論家、政治家に惑わされることなく、前を向いて進もう。

 

川柳「朝囀」 この新聞 一体どこの 国のかい  (誠)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

« どうしたんだ埼玉県民…「うそつき」知事に圧勝プレゼント | トップページ | 日本の声を引き写し? 外国メディアの安倍談話批判 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍談話全否定…一体、どこの国の新聞だ:

« どうしたんだ埼玉県民…「うそつき」知事に圧勝プレゼント | トップページ | 日本の声を引き写し? 外国メディアの安倍談話批判 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ