« どうなる橋下氏の次の一手…誰にも読めません | トップページ | でたらめいつまで許す…政治資金で赤飯配り、ジム通い »

2015年11月26日 (木)

違憲だけど無効じゃない…まだそんなこと言ってるの?

 「1票の格差」が最大2・13倍だった昨年末の衆院選挙は法の下の平等に反し「違憲状態」との判断を最高裁が示した。ただ、選挙無効、やり直しの請求は混乱を招く恐れがあるとして退けた。違憲だけど無効じゃない、違法だけど違反じゃない…何が何だか分からない。もう、4年間もそんな国会を甘やかす「大甘判決」が繰り返されている。理解できませんね。

 

 選挙で票を投ずるという行為は憲法で定められた最も重い権利である。

住む場所によって格差があってはならない。「1票」は等価値でなければならない。しかし、人口はすべての地域で増えたり減ったりする。

その増減する人口を基にした選挙区設定だから格差が生ずるのは避けられない。

仕方がないから格差はどこまで許されるか裁判所に判断してもらおう。

 

 それが今の「1票の格差」論議だ。国民がそこまでは受容せざるを得ないと納得するレベルを保てるような制度や区割りを国会が責任もってつくるべきなのに、バッジを付け続けたい現職議員が不利になる制度や区割りを認めない。

だから、「5増5減」だ、「6増5減」だと声の小さい選挙区に痛みを押しつけて小手先の数字合わせでごまかし続ける。それを最高裁に判断させる。

 

違憲だが選挙結果は無効じゃない。選挙はやり直す必要はない。そんな判決を続けているのだから、国会はそれを読み込み済みで小手先のつじつま合わせを続ける。現実として最高裁判断は新聞、テレビに報道素材を提供しているだけで何の意味もない。最高裁は国会に対して制度改善計画の提出を迫るほどの厳しさが必要だろう。今回は「合憲」判断を示した裁判官も出るなど世論に逆行した流れは気になる。

 

「1票対1票」という等価値が無理な人口基準を続けるなら、ある程度の格差を受容するよう憲法を改正するしか手はないだろう。欧米では60倍、70倍という格差を許容している米国、スペインなどの例もあるように憲法を民主主義の現実に近づけることも真剣に考えないといけない。死んでも改憲はゆるさないという姿勢は通らない。憲法尊重―にも限界があろう。

 

 

川柳「朝囀」 やっぱりね 護憲お化けが 相手です  (誠)  

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

« どうなる橋下氏の次の一手…誰にも読めません | トップページ | でたらめいつまで許す…政治資金で赤飯配り、ジム通い »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 違憲だけど無効じゃない…まだそんなこと言ってるの?:

« どうなる橋下氏の次の一手…誰にも読めません | トップページ | でたらめいつまで許す…政治資金で赤飯配り、ジム通い »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ