« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月28日 (木)

甘利大臣辞任…あまりに無警戒だった

 

 政治は人を動かし、国を動かす。力であり、権力だ。国が違っても時代が変わっても、その権力を利用したいと機会をうかがう者はいる。だから、政治家はそれを常に注意し警戒しなければならない。いかに立派な政治家でもそれを怠り、権力の悪用に手を染めた時は即刻、権力の座から辞するべきである。

 

 

 

甘利明経済再生大臣は、大臣室などで建設業者から現金を受け取っていたことを認めて大臣を辞任した。建設業者が都市再生機構(UR)との補償交渉トラブルをめぐって有利になるよう口利きを依頼してきた。複数の公設秘書も現金を受け取り、接待を受けていた。秘書が毒を食らっていたばかりか、大臣自身が悪銭を受け取り献金扱いさせていたというのでは警戒どころではない。

 

 

 

私は政治家として間違ったことは何一つやってこなかった―。甘利大臣は当初、そう大見栄を切っていたが、それなら熨斗(のし)がかけられた現金入り封筒になぜ警戒しなかったのだろう。建設業者側は大臣室でのやりとりをテープに隠し取りしていたという。周辺でも「はめられたか」と悔しがっているが、あとで気が付く何とやら…後の祭りだ。辞任しか選択はなかったのだ。

 

 

 

金を受け取った政治家の方だけでなく、金を出した方も厳しく罰するようにしない限り解決しない。今の今だって権力悪用をたくらんで悪銭が動いているかもしれない。浄財、政治献金という仮の姿で大金が動いているかもしれない。こうなったら企業・団体献金の廃止まで踏み込んだらどうか。政治家たる者、誰だってその標的にされるかもしれないのだ。

 

 

 

経済政策の司令塔だった甘利大臣の辞任は安倍政権にとって大きな痛手だ。

 

TPPは大すじ合意されており、方向性が変わるようなことはないだろうが、成長戦略などの政策推進が弱まる心配がある。新年度予算案の審議など国会はヤマ場を迎えようとしている。政府、与党は総力を結集して間違いのない進路を進めて欲しい。

 

辞任によって甘利問題を幕引きにして攻勢に転じよ。

 

 

 

 川柳「朝囀」あまりにも 迂闊だったね 甘利さん  ()

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

 

2016年1月20日 (水)

”捨て金”ばかりの五輪準備…本当に間に合うのか

 

 旧計画白紙撤回のあと採用された建築家、隈研吾氏らの建設案が自らの案に似ていると旧計画を担当した建築家、ザハ・ハディド氏が言い出すなどしたり、新国立競技場建設の話は一向に落ち着く気配がない。どうなっているんだ。

 東京五輪・パラリンピックは2020年、こんなことでの間に合うのか。

 

 そんなところへ日本スポーツ振興センター(JSC)がハディド氏との間で、支払い済みの13億円に加えて、今年度分として契約していた1億7千万円のデザイン監修業務料の支払いをめぐってごたごたしているという。白紙撤回されて関係がなくなったのに旧計画のデザイン担当者にこんなに多額の金が支払われるなんて、契約上の取り決めだとはいえ、国民には納得できない。

 

隈氏はハディド氏の指摘に対しては記者会見を開いて否定すると同時に独自性をきちっと説明したそうだが、言葉はわるいが何だかハディド氏に多額の“捨て金”を出しているような気がしてならない。食事代さえ切り詰めて暮らしている国民、納税者がどんな思いでこういう話を受け止めるかデザインの募集や審査に関わった専門家やJSC関係者は考えてみてほしい。

 

かと思えば昨年9月にこれまた白紙撤回されたデザイナー、佐野研二郎氏制作のエンブレムに関連して無駄になった費用が1億900万円に上ったと東京五輪組織委員会が発表した。募集・選考関連が約900万円、ポスターの制作費などが約100万円、商標登録費用などが約3100万円、発表イベントなどが約6800

万円などだという。

 

 1億900万円の金額を誰が認定したのか明らかではないから、本当かどうかは分からない。新聞は「全額、組織委員会が負担する」と書いているが間違いだ。支出したのは組織委員会だが、元は税金だ。「国民の貴い税金が無駄づかいされた」と書くべきだ。役人や政治家と触れあっていると感覚がボケるのだろう。新エンブレムの選考は4作品に絞られたが、また同じように税金が使われている。

 

  川柳「朝囀」撤回を 承知でワシも 応募する  ()

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

2016年1月19日 (火)

公益法人が老人の葬儀預託金など流用し3億円近い穴あける

 

 19日、配達されたばかりの夕刊紙面を見てびっくりした。

一人暮らしの高齢者の支援事業を行っている東京の公益財団法人「日本ライフ協会」が、高齢者から将来の葬儀代などとして集めた預託金を勝手に流用し、約2億7400万円も穴をあけているという。

 何が公益法人だ。迷惑法人じゃないか。

 

 協会は2002年に設立、預託金は弁護士など第3者が預かることで2010年に内閣府から公益認定を受けていた。しかし、無断で預託金を直接管理するという違法契約を開始して、身寄りのない高齢者が入院する際や葬儀手続きなどを支援する「みまもり家族事業」の預託金を流用し、約9億円のうち2億7412万円の不足額を生じさせていたという。

 

 このため内閣府は公益認定に違反しているとして穴のあいた預託金を早期に回復させるとともに執行部の責任を明らかにするよう求めていた。

 協会は19日、理事8人全員が引責辞任したと明らかにしたと新聞に出ている。

「引責辞任」だそうだ。辞任したのが責任を取ったことだというのだろうが、そうだろうか。責任を取るというのは預託金の穴を埋め返すことだろう。

 

 「引責辞任」じゃなく、悪事がバレたから逃げたんじゃないのか。公益認定した内閣府には預託金の回復をしっかりと果たさせる責任がある。それをいい加減で幕引きなどするようでは内閣府も同罪だ。

 それだけではない。流用はどんな内容だったのか。それを細かに検証して、預託者に対してはもちろん、国民の前にも明らかにすべきだ。

 

 高齢者、それも身寄りのないお年寄りが入院や葬儀に際しての手続きを託してのいわば命綱だ。人生の最後を託した信頼だ。それを勝手に流用して穴をあけてしまうとは背信行為そのものだ。お詫びの言葉だけでは済まないだろう。内閣府はその辺をどう考えているんだ。理事といったって名前も公表されないところをみると省庁の天下り幹部かもしれない。こんな話が多過ぎる。

 

 川柳「朝囀」守銭奴は 人の命も 食いものに  () 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

2016年1月17日 (日)

人生の夢のシュプール奪われた若者たち…安全無視のバス運行

 

 成人式は終わったばかり。大学入試センター試験も17日で終わる。

スキーツアーのバス事故で生涯を断たれた12人の若者たちも2年、3年前にその関門をくぐり抜けたばかりだった。もう一つの関門、就職も決まり、ゲレンデにそれぞれの人生のシュプールを描き出そうとしていた夢を奪われてしまった。

 さぞ無念だったにちがいない。

 

 バス会社もツアー会社もカメラの前で「申し訳ありませんでした」と頭を下げれば済むかもしれない。しかし、若者たちはかえってこない。わが子の成長を楽しみに育ててきた親御さん、きょうだいたちはあきらめきれないだろう。

 国交省の監査でバス会社、ツアー会社の法違反が次々と明らかになっている。

この種の事故に共通した利益優先、儲け主義だ。

 

 バス会社は基準を下回る安値で運行を請け負っていた。運転手を過労状態で従事させていた。運転手は健康診断も受けていなかった。バスの安全運行には車の安全点検はもちろんのこと運転手に対する出発前の健康チェックが不可欠だが、それも怠っていた。走行ルートの変更さえ、運転手、バス会社、ツアー会社間で連絡が取れていなかった。起こるべくして起きた事故だといってもいいだろう。

 

 運転手の乗務記録の記載漏れはもちろん、まだ業務が終わっていないのに終了印が押されたりしていたという。法律も規則もあってなきがごとしの状態で、バス会社側の「心のゆるみがあったかもしれない」どころか、安全思想欠如、倫理欠如という決定的な欠陥だ。こんな欠陥人格に安全第一をモットーにする運行業務を認可した国土交通省の責任も無視できない。

 

 事故があるたびに同じような欠陥、問題が明らかにされながらその対応は業者任せで、「いちいち細かくチェックするには人手が足りない」という監督監査機関側の声があがる。人手が足りないから仕方がない―という話になってしまう。

 そんなことを亡き若者たち、遺族に言えるのか。監査を徹底して、違反者には認可取り消し、レッドカードを突きつける厳しさが必要だ。

 

 川柳「朝囀」あゝあわれ 楽しきはずの 夜行便  ()

 

 

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

2016年1月15日 (金)

廃棄カツ転売で処理業者ウハウハ…ほかにもあるかも

 

 マンションの杭打ち偽装、設計・免震偽装、血液製剤の偽造…虚業国家を思わせる事態に憤慨していたら、今度は何と廃棄カツの横流しだ。愛知県の産業廃棄物処理業者がカレーチェーンから依頼された廃棄カツを一部だけ廃棄し、あとは食品会社に横流ししていたという。当然、両方から代金をもらうのだから、まさにぼろ儲けだ。世の中にはオイシイ話があるもんだ。

 

人間は本質的にいつわり・欺瞞の生き物だと言われるが、その典型のような話だ。ワル知恵といえばそれまでだが、案外、私たちが知らないところでこんなカラクリが堂々と行われているのかもしれない。知らぬが仏―ではないが、こういう悪事はなかなかバレない。いや、バレて元々…とやっているのかもしれない。

多分、関係者の中から内部告発があって発覚したのだろう。

 

 愛知県警の捜査に基づいて報道されているところでは、一宮市のカレーチェーン「CoCo壱番屋」が自社工場で作った冷凍カツに異物混入の疑いがあるとして約4万枚を稲沢市の産廃処理業者「ダイコー」に廃棄処分を依頼した。ところが「ダイコー」は7千枚を堆肥処理しただけで残りは岐阜県の食品会社「みのりフーズ」などに正規の製品として転売していたという。

 

 横流しカツはスーパーや弁当店、総菜店などで売られたが特に問題は報告されていないという。「ダイコー」への廃棄依頼は10年以上前から行われており、以前にもこうした廃棄品の横流しが行われた恐れがあると見て「CoCo壱番屋」や愛知県は調査している。横流しは伝えられる以上の広がりが明らかになる可能性もあり、組織的な犯行である恐れもある。

 

廃棄品といっても腐敗や汚染によるものではなく異物混入という内容だけに処理業者がワル知恵を働かせた可能性がある。県など監督官庁の調査や立ち入りが厳しく行われていないことを承知の上の悪事とも考えられる。

幸い、それを食べた人の健康上の問題などにつながっていないものの、悪事を野放しにしているともいえる。大事の前の小事でないことを祈る。

 

川柳「朝囀」カツ転売 濡れ手にあわで ウハウハや  () 

 

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

2016年1月14日 (木)

患者の名前で違反逃れの精神科医…本人が病んでいる

 

 患者の名前を使って交通違反逃れをしようとした京都市の医者が警察に逮捕されたという。人もいろいろ、仕事もいろいろのご時世かもしれないが、こともあろう医者、それも精神科医と聞けば驚きを通り越してあきれてしまう。

 医者本人がほとんど病気じゃないか。

 もしかすると医師免許そのものが偽造かもしれない。

 

 速度違反で摘発された際、運転免許証を携行していないと説明した上で、通院患者の男性名義の身分証明書を提示し、交通違反キップにその男性の名前で署名をしたという。ところが、その身分証明書が偽造だった。身分証明書は氏名や住所は患者のものだが、顔写真だけこの医師のものに貼りかえられていた。

同じような手口の悪用が繰り返されていた可能性がある。

 

医者といえば命をあずかる責任の重い仕事だ。人を病や苦しみから救済する。精神科医は人の心の悩みに救いの手を差しのべる。人格もこころ根も立派な人たちだと私たちは信じている。現実に医療現場にはそういう信頼すべき人格者が多い。

そこにこんなはずれ者、はぐれ者がいるとはあきれてしまう。

医療現場でまじめに働いている医師や看護師たちは大迷惑だろう。

 

この医師の診療所のホームページには米国ハーバード大学を卒業した後、日本の医師免許を取得したと書かれているそうだが、それ自体が本当かどうか疑わしい。

それにしてもこの悪行が新聞に出ていないのはなぜだろう。報道する価値がないという判断だろうか。世を正すという原点をないがしろにしたメディアではどんな立派な評論を掲げても人は信用しない。誇りがあるなら小じっかりしろ!

 

 川柳「朝囀」カード化で 医師の心に すきま風  ()

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

2016年1月 9日 (土)

いい気なもんだ…選挙向けポーズは野党の方だ

 国政選挙をひかえた年の国会は本当におもしろくない。

テレビの国会中継を10分、いや5分と見ている気にもならない。

もっとも昼のひなかにテレビを見ているなんて留守番のペットかゴキブリぐらいのものだろう。

 

 おもしろくない理由はいろいろ考えられるが、やっぱり答弁する側も質問する側も選挙を意識した見え見えの発言が多過ぎるからだろう。4日にはじまった通常国会は、参議院選挙まで半年という切迫さだから、国会の攻防は選挙戦そのものだ。 

 特に野党は昨秋、臨時国会を召集しなかった安倍政権に安保法制と合わせて「憲法違反」の印象づけをねらって声を張り上げている。

 

でも、熱しやすく冷めやすい世相はあてにならない。張り上げる声は怒声、罵声含みになる。低所得の高齢者への3万円給付をめぐって「税金を使った選挙対策だ」「貧困に苦しむ若者になぜ給付しない」と、安保法制反対行動で引き寄せた若者たちを逃すまいと必死だ。自分たちこそ選挙対策丸出しじゃないか。若年失業や非正規就業による貧困は問題だが、選挙向けポーズが見え見えでいやらしい。

 

首相に向かって恫喝まがいの質問を繰り返し、首相答弁に「どうでもいいことをベラベラしゃべって時間稼ぎか」と罵声を浴びせる。立派な政治家なのだろうが、首相答弁に「どうでもいいことをベラベラ…」はないだろう。少なくとも首相だ、国民の選挙で選ばれた一国のリーダーだ。悪党を扱き下ろすようにさげすんで、いい気になって傍聴席にアピールはお粗末だ。

 

低所得高齢者への3万円給付を責めるなら、年間2400万円の歳費・ボーナス、公設秘書3人分の雇いあげ料など年間1人1億円余りも公金から給付されるわが身を考え、「私たちのもらい分も少し減らそう」となぜ言わない。「どうでもいいことをベラベラ…」という言葉をそのまま野党にお返ししたい。

軽減税率だって高額所得者の身で自分が受ける恩恵には沈黙ですか。

 

川柳「朝囀」いい気だね 弱者の味方 選挙向け  ()

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ