« ”捨て金”ばかりの五輪準備…本当に間に合うのか | トップページ | 罠の恐怖、政界を動かす…誰にもつきまとう危険 »

2016年1月28日 (木)

甘利大臣辞任…あまりに無警戒だった

 

 政治は人を動かし、国を動かす。力であり、権力だ。国が違っても時代が変わっても、その権力を利用したいと機会をうかがう者はいる。だから、政治家はそれを常に注意し警戒しなければならない。いかに立派な政治家でもそれを怠り、権力の悪用に手を染めた時は即刻、権力の座から辞するべきである。

 

 

 

甘利明経済再生大臣は、大臣室などで建設業者から現金を受け取っていたことを認めて大臣を辞任した。建設業者が都市再生機構(UR)との補償交渉トラブルをめぐって有利になるよう口利きを依頼してきた。複数の公設秘書も現金を受け取り、接待を受けていた。秘書が毒を食らっていたばかりか、大臣自身が悪銭を受け取り献金扱いさせていたというのでは警戒どころではない。

 

 

 

私は政治家として間違ったことは何一つやってこなかった―。甘利大臣は当初、そう大見栄を切っていたが、それなら熨斗(のし)がかけられた現金入り封筒になぜ警戒しなかったのだろう。建設業者側は大臣室でのやりとりをテープに隠し取りしていたという。周辺でも「はめられたか」と悔しがっているが、あとで気が付く何とやら…後の祭りだ。辞任しか選択はなかったのだ。

 

 

 

金を受け取った政治家の方だけでなく、金を出した方も厳しく罰するようにしない限り解決しない。今の今だって権力悪用をたくらんで悪銭が動いているかもしれない。浄財、政治献金という仮の姿で大金が動いているかもしれない。こうなったら企業・団体献金の廃止まで踏み込んだらどうか。政治家たる者、誰だってその標的にされるかもしれないのだ。

 

 

 

経済政策の司令塔だった甘利大臣の辞任は安倍政権にとって大きな痛手だ。

 

TPPは大すじ合意されており、方向性が変わるようなことはないだろうが、成長戦略などの政策推進が弱まる心配がある。新年度予算案の審議など国会はヤマ場を迎えようとしている。政府、与党は総力を結集して間違いのない進路を進めて欲しい。

 

辞任によって甘利問題を幕引きにして攻勢に転じよ。

 

 

 

 川柳「朝囀」あまりにも 迂闊だったね 甘利さん  ()

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

 

« ”捨て金”ばかりの五輪準備…本当に間に合うのか | トップページ | 罠の恐怖、政界を動かす…誰にもつきまとう危険 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甘利大臣辞任…あまりに無警戒だった:

« ”捨て金”ばかりの五輪準備…本当に間に合うのか | トップページ | 罠の恐怖、政界を動かす…誰にもつきまとう危険 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ