« 罠の恐怖、政界を動かす…誰にもつきまとう危険 | トップページ | モノ知らぬ女性大臣多すぎる…もっと勉強せえ! »

2016年2月10日 (水)

宮崎謙介議員、国会議員をお辞めなさい…その資格ない!

 週刊誌報道が真実か否かに関係なく、国会議員を辞めていただきたい。

その前に政治家としての資格がないじゃないか。恥ずかしくないのか。

世の中、大部分の国民が生活を切り詰めて必死に生きているんです。贅沢をするためじゃありません。わずかな収入を税金に取られ、ゆとりがないからです。その税金を政治家は当たり前のように懐に入れているんです。

 

言うまでもないが国会議員として「育休」宣言をした宮崎謙介衆院議員が、何と妻の金子恵美衆院議員が出産のため不在の自宅に若い女性タレントを招き入れて、不倫愛にふけっていたという。本人が否定していないところをみるとやっぱり真実何だろう。何ということだ。つい先日、「育休」取得宣言をして、「女性に育児を押しつける風潮をただす」「女性の味方が今こそ大切」などと大見得切った。

 

その口が渇きもしないうちに若い女性タレントと不倫愛か。「イクメンだ」「育休改革だ」なんていう言葉が白々しい。当時、自民党幹部は「国会議員全体の評判を落とすぞ!」と言われたそうだが、世の男性の品位を落としたじゃないか。若い人たちからは「宮崎議員の宣言は男性の育児参加に一石を投じた」という賛辞が上がっていた。全国の女性議員たちの歓声も響いた。

 

地元、京都の人々は「情けない」とことばもないそうだが、こんな人物を国会に送り出してきた責任を感じ取ってもらいたい。「情けない」のひと言では済まないだろう。聞くところでは議員は2009年に元自民党幹事長の長女である衆院議員と結婚したが、自身の女性問題が原因でわずか3年で離婚したという過去もある。

元々、育休だ、育児参加だ…なんて言えるのだろうか。

 

 こういう政治家のために貴い税金を供するのは我慢ならない。

世間ではウソをついたり、裏切ったりすれば、ほとんど信頼を回復するのは不可能だ。政治家はちょっと姿をくらましていれば、「後援会」という組織が再出発の道すじをつけてくれる。一番わるいのは誰だ。宮崎議員殿、「育休」とケチなことを言わず、永久に国会をお休みになってください。

 

川柳「朝囀」 育休は 女房の留守と 心得り  ()

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

« 罠の恐怖、政界を動かす…誰にもつきまとう危険 | トップページ | モノ知らぬ女性大臣多すぎる…もっと勉強せえ! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎謙介議員、国会議員をお辞めなさい…その資格ない!:

« 罠の恐怖、政界を動かす…誰にもつきまとう危険 | トップページ | モノ知らぬ女性大臣多すぎる…もっと勉強せえ! »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ