« 会見の都知事の腰折れ30度…45度まではもつまい | トップページ | 消費増税再延期は元々、野党が言っていた »

2016年5月28日 (土)

被爆地に届いたオバマ演説…核廃絶にいっしょに進むのだ

人類に初めて原爆を投下した国の大統領がその被爆地で核なき世界をめざす決意を表明するというのは皮肉というしかない。人間は本当に愚かだと思う。オバマ大統領の勇気ある広島訪問は、悲劇を二度と繰り返さないぞという思いと核廃絶への決意をすべての人々の心に打ちこんだ。

 

午後5時25分、現職の米大統領として初めて平和公園に到着したオバマ大統領は直に平和記念資料館に入った。今にとどめる被爆の悲惨をつぶさに見た。焼けただれた少女の洋服、コンクリートに焼きついた人影、祖母と遊んでいるところを原爆に直撃され「水を」「水を」と叫びながら死んでいった8歳の坊やのへし曲った三輪車…大統領は核廃絶への思いを一段と強くしたに違いない。

 

過去を清算し核廃絶の未来に向かえる。原爆の悲惨さを直視すれば大統領の核なき世界への取り組みはこれまでと比べものにならないほど進むはずだ。オバマ大統領こそ核のない世界へと進め得る勇気と信念があるリーダーだ。被爆地の誰もがそう信じて大統領の声に耳を傾けた。オバマ大統領はそれにしっかりこたえるべく、分かりやすい言葉で切々と語った。

 

広島、長崎を人類の道義的な目覚めの出発点とすべきだ。自国米国を含めて核を持つ国は核を減らすため恐怖と闘う勇気を持たなければならない。大統領はひと言ひと言、自らに言い聞かせるように語りかけた。被団協代表委員坪井直さん(91)と握手しその活動の労をねぎらった。被爆死した米兵捕虜の慰霊を続けている被爆者の森重昭さん(79)の肩を抱き寄せ、やさしく声を掛けた。

 

そういう一つひとつの言葉や行いにオバマ大統領の思いやりが現われており、理屈抜きで歴史的な大統領の訪問を被爆地の人々は喜んだ。大統領の犠牲になられたすべての人々への追悼と不戦の誓いを実感として受け止めることができたからだろう。核廃絶は私たちもいっしょにやるのだ。2016年5月27日という日が核なき世界を信ずる人たちにとって「希望の日」になったと信じる。

 

川柳「朝囀」 思い込め 道義の目覚め しぼり出す (誠)

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

 

 

« 会見の都知事の腰折れ30度…45度まではもつまい | トップページ | 消費増税再延期は元々、野党が言っていた »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 被爆地に届いたオバマ演説…核廃絶にいっしょに進むのだ:

« 会見の都知事の腰折れ30度…45度まではもつまい | トップページ | 消費増税再延期は元々、野党が言っていた »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ