« 旧みんな渡辺代表お維新から出馬…8億円疑惑説明が先だよ | トップページ | 人を見る目ない東京都民…相次いで腐敗の都知事選ぶ »

2016年5月12日 (木)

冷静かつ未来志向の被爆地…オバマ大統領の歴史的訪問

オバマ米大統領の広島訪問について新聞、テレビは大々的に紙面と時間を割いている。当然のことだ。広島、長崎の被爆地のみならず私たち多くの国民が今世紀中はあり得ないと思っていた原爆投下国の現職大統領の訪問だ。評価、賛同、感動もあれば異論、批判、怒りもある。それくらい被爆地の悲しみと苦しみは深く、長く、一片の報道で語り尽くせないのだ。

 

 「憎しみだけでは平和は来ない」「ようやく過去を清算し、核廃絶の未来に向かえる」「原爆の悲惨さを実感すれば大統領の発言はこれまでと比べものにならないほど迫真になるはずだ」「プラハ演説の後に来てほしかった…ちょっと遅すぎたではないか」「謝罪は求めない」。被爆地の声が思いのほか冷静なのに驚かされる。それだけ悲しみ、苦しみが深く、来訪を待っていた。

 

 被爆地が求めるのは原爆投下国への報復でも怨念を晴らすことでもない。悲惨な結果しかもたらさない核兵器が二度と使われることがないよう、核兵器の廃絶、平和で安全な世界の実現である。オバマ大統領こそそれを進め得る勇気と信念があるリーダーだと期待しているからだ。そのことを受け止めて惨状が残る広島のマチを歩き、多くの人の声に耳を傾けてほしい。

 

 原爆投下が戦争を早く終結させ多くの命を救ったという原爆投下正当論の根強い米国社会だ。「広島訪問はその謝罪と受け止められかねない」という危惧がある。いや、批判だ。しかし、大統領は犠牲になられた全ての人々への追悼と不戦の誓いを優先させている。「大統領の決断の根底はゆるぎない日米の同盟関係への信頼だ」というケネディー駐日大使の言葉も真実だろう。

 

 「第二次大戦を開戦した加害者の日本が被害者を装おうとしている」。中国や韓国のメディアは国連論争を持ち込んで盛んにそうけしかけている。歴史的訪問をそんな思惑で汚そうとするなど愚かだ。このタイミングの大統領訪問の実現は安倍政権の参院選戦略そのものだ―どこかの政党の邪推をそのまま報道する新聞、テレビもそれに劣らず貧相そのものだ。

 

 川柳「朝囀」へそ曲がり なんで素直に 受け止めぬ  (誠)

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

 

 

« 旧みんな渡辺代表お維新から出馬…8億円疑惑説明が先だよ | トップページ | 人を見る目ない東京都民…相次いで腐敗の都知事選ぶ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷静かつ未来志向の被爆地…オバマ大統領の歴史的訪問:

« 旧みんな渡辺代表お維新から出馬…8億円疑惑説明が先だよ | トップページ | 人を見る目ない東京都民…相次いで腐敗の都知事選ぶ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ