« 都議会解散でやり返す?…舛添知事の最後っ屁 | トップページ | 川勝静岡県知事にも違反宿泊料…「条例が古いんだ」って »

2016年6月15日 (水)

舛添知事辞職へ…笑止、傍聴席目当ての金切り声

舛添東京都知事が辞職願いを提出した。不信任決議に対抗し都議会の解散に打って出るのではないかとの見方もあったが、新議会による不信任決議も予想され、どっちみち失職につながるという判断から辞職を決断したのだろう。それにこのまま混乱が長引けば迫る参院選で自・公与党に大きな影響が避けられない。両党からの相当厳しい要求が突きつけられたからに違いない。

 

自業自得、身から出たさび…舛添知事の金銭に対するルーズな感覚は救いようがなかった。身分、権限を厳しくわきまえるべき知事職なのにそれを自らに与えられた特権とでも考えてしまう。一番政治家になってはならない人だろう。その人を見抜けずまつりあげた自・公両党は言うに及ばず、その人にあり余る票を寄せてリーダーに選んだ東京都民は猛反省すべきだ。

 

猪瀬前知事が5000万円の裏献金疑惑で失職、その後を受けた出直し選挙で舛添知事を選んだ。結果論かもしれないが、東京都民は人を見る目がないと言われても仕方がない。舛添知事に代わる後継候補には早くもさまざまな著名人の名をあげ騒いでいる。票が集まりそうな女性国会議員、テレビで名前と顔を売った評論家、人気タレントを息子に持った官僚など、人物はどうでもいいのか。

 

投票はするが、人物を選んではいない。そんな選挙を繰り返しているんだから、また同じことになる。言うまでもなく舛添知事のような公私ケジメのない政治家があぶり出されたのは今回が初めてではない。政治と金をめぐる不祥事は後を絶たず、政治資金の使いようをめぐるハレンチは転がっている。母親の温泉旅行代、女性秘書の下着代、キャバクラ遊興費など舛添知事に負けない例がいくらもある。

 

そんな不祥事をいい加減な追及でお茶を濁してきた新聞、テレビ、市民がこと舛添知事に蜂の巣を突っついたように攻め込んだ。知事の資格はない、辞職しろ…公開裁判でもあるかのように傘にかかって追及した東京都議は誰ひとり過ちはないだろうか。市民が傍聴するからといって金切声をあげる姿は見るに堪えなかった。全国の議員、首長の何人が自己反省につなげただろうか。

 

 

川柳「朝囀」 罪ないの? 人を見抜けぬ 都民の目 ()

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

 

 

« 都議会解散でやり返す?…舛添知事の最後っ屁 | トップページ | 川勝静岡県知事にも違反宿泊料…「条例が古いんだ」って »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 舛添知事辞職へ…笑止、傍聴席目当ての金切り声:

« 都議会解散でやり返す?…舛添知事の最後っ屁 | トップページ | 川勝静岡県知事にも違反宿泊料…「条例が古いんだ」って »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ