« 消費増税再延期は元々、野党が言っていた | トップページ | 心配だ―命が軽んじられる話が多すぎる »

2016年6月 1日 (水)

厳しい審判覚悟の上だ…安倍首相、消費増税再延期表明

安倍首相の消費増税再延期の表明会見を聞いた。首相は、これまで繰り返した増税断行の約束を破って再延期となったことに対する批判は真摯に受け止め、国民の審判を受けてから10%化を実施したい。参院選挙で国民の信を問う。厳しい選挙戦になることは覚悟の上だ、ときわめて強気だった。

 

首相は、野党が失敗、失政だと批判しているアベノミクスについてはまだ道半ばにあるとはいえ、確実にデフレからの脱却に足がかりをつけたと自信を表明した。しかし、それはデフレへ逆戻りするリスクを抱えた状況にあるとの判断も示した。その背景には中国など新興国の経済にかげりが見えるなど世界経済は不透明感が増しているとの認識を明らかにした。そこは同感だ。

 

世界的な需要の低迷、成長の減速が懸念されている状況に備えをしっかりしなければならないのは言うまでもない。それとともに景気を腰折れさせないためには消費増税の引き上げは再延期せざるを得ないと力を込めた。しかし、年に1兆円のペースで増える社会保障費、その財源確保のために孫子にツケとして積み残している1000兆円を超す借金、財政難をどうするのか。

 

消費増税を見送ったことで4兆円という税収のアテがはずれた。財務省を初め財政再建重視組はくやしがっている。だが、安倍首相は「財政再建の旗は下ろさない」と言い放った。そしてアベノミクスのエンジンをもうひと吹きさせ、やり遂げて安定した政治経済状況をつくって進めると自信をのぞかせた。アベノミクスの果実によって社会保障をしっかり進めるとも断言した。

 

安倍首相は参院選挙を前に「増税」という国民の不人気から逃げた―と野党とメディアは声をあげるが、消費税増税を強行してつまずいた時、後戻りできない。8%への増税による景気低迷が予想以上に長引いたことを思えば、増税に慎重にならざるを得ない。いかなる政党が政権を担っていても多かれ少なかれ同じ道を選択するだろう。政局色の批判ばかりでは真がない。

 

川柳「朝囀」公約は 今も昔も 破るもの ()

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

« 消費増税再延期は元々、野党が言っていた | トップページ | 心配だ―命が軽んじられる話が多すぎる »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厳しい審判覚悟の上だ…安倍首相、消費増税再延期表明:

« 消費増税再延期は元々、野党が言っていた | トップページ | 心配だ―命が軽んじられる話が多すぎる »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ