« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

小池さん、初の女性都知事に…各党の候補選考に都民ソッポ

新しい東京都知事に元防衛大臣の小池百合子さんが決まった。やっぱりなというのが率直な思いだ。東京都政の刷新、出直しに政治生命をかけると言って名乗りを上げた小池さんに会おうともせず逃げ回り、その裏で増田さん擁立を進めた自民党都議団の皆さん、こんな結果になるとは予想もしなかったでしょ。今振り返ったって遅いですけどね。

 

事前に相談もせず飛び出したのがわるいっておっしゃったけど、相談すれば党内調整とか何とか言って下ろされちゃう。小池さんはそれが分っていたから相談しなかった。党都連会長の石原伸晃さん、「小池さんは本当に自由人なんですねえ」とは何ですか。大先輩でしょ。あなたのように親の七光りも何もなく、実力一本で道を切り開いてきた政治家ですよ、小池さんは…。

 

それに何ですか、あの党員への締め付け文書は…小池さんを応援した者は除名処分にするだなんて―。北朝鮮並みの恐怖政治じゃないですか。そういう強権、傲慢さが都民にどう映ったか分かりますか。そんな人たちが支えるような人が都知事になれば、今度は都民に対してそんな強権、傲慢な行政をやってくるだろうと不安になったんです。増田さんへの投票をためらったんです。

 

多分、増田さんの得票が伸びなかったのは予想外だったでしょう。直前の参院選挙での自民党の増勢からしても納得いかないでしょう。それだけ都民は小池さんへの自民党の冷酷な仕打ちに憤りを感じたんです。それがそのまま小池さんへの励ましに転じていったということです。本物とにせものを見分ける有権者の眼力は政党や政治家など政治の本業者より確かなのだ。

 

自民党ばかりではない、各党の候補者選びはひど過ぎた。自分たちが出馬を要請した人が前向きな返事をしているのに、鳥越さんに飛び乗りしちゃった民進党、出馬会見を済ませていた人を告示直前で引き下ろして鳥越さんに飛び移った共産党、いずれも有権者のいや気を誘った。客観情勢が一番有利と思われた鳥越さんを一番の苦境に追いやった。プロたちの思い違いがひどい選挙だった。

 

川柳「朝囀」 ボスたちに 懲らしめ込めた 票多し ()

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

 

2016年7月27日 (水)

バッハもオルガン弾き違えた…リオ五輪興味半減だ

 遠藤五輪担当相ではないが、国家ぐるみのドーピング隠しが発覚したロシアのリオ五輪出場が、条件付きながらも、認められたことは不愉快きわまる。リオ五輪の興味は半減した。「これはロシア選手か」「ドーピング検査すり抜け組か」などと思いながらテレビ画面を追わなければならないなんて、ごめんだ。

 

 IOC(国際オリンピック委員会)バッハ会長の最終決定の発表会見を聞いていて、この人も国際組織の闇に巣食う「スポーツ貴族」だなと思った。大国ロシアがこわい。厳罰を科すことによってわが身を脅かされることがこわかった。処罰の責任を順に下部組織に下ろし、最後は各競技団体に丸投げしちゃった。名手バッハもオルガンを弾き違えたのだろうか。

 

 潔白な個々の選手にも責任を負わせるのはかわいそうだ。それが国ぐるみという大罪に甘い世論の声だ。本当にそうか。悪を根絶やしにする断罪によって選手たちが出場の機会を失うことは仕方がないことではないのか。「スポーツ貴族」が大国にすり寄る闇は過去にいくらもあった。かわいそうなのは、処罰をすり抜け、同情に守られて出てきた厚顔の選手たちにメダルを奪われる、まともな選手たちだ。

 

 過去には東西冷戦の犠牲となって国家が不参加を決めたことで出場できなかった選手たちもいた。戦争で五輪そのものが中止になりくやし涙を流した選手たちだっていた。バッハ会長はそういう事実を知らないんだろうか。たかが五輪、たかがスポーツの祭典というかもしれないが、国威発揚、自尊というものにつながっているとすれば、それは健全さに貫かれていなければならない。

 

 それを支える人たちは自らの健全性のひずみに鈍感であってはならない。かつてアマチュアリズムの損傷が重大な問題となった。今やそれも大国の強弁や政治介入によって濁ったままになっている。巨大な組織の闇に巣食う「スポーツ貴族」たちの暗躍が絡んでいることは明らかだ。2020年東京大会にはこんな騒ぎが起きないよう念ずるばかりだ。

 

川柳「朝囀」 バッハでも 時にオルガン 弾き違う ()

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

 

2016年7月24日 (日)

不安残してなぜやるの? 道徳教科化は取り止めよ

 文部科学省が小中学校の道徳授業を教科化する指導方法や評価の在り方について報告をまとめた。読んでみて即不安になる。不可能なものを無理やりこじつけているだけで、その通りやられたら子どもたちはモルモットどころか粘土細工にされてしまう。今ならまだ間に合うかもしれない。道徳教育の教科化を文科省に断念させるよう働きかけるべきだ。

 

 郷土の偉人を扱った本を読ませてその心を理解させる道徳授業が主流だが、これを改めて一つのテーマについてグループ討論したり、作中の人物になって考え理解するようなものにするという。作文を書かせたり、授業中の発言などを評価して記述式で示すようにするという。教科化しなくたって今のままでもできるじゃないか。これ以上いい子を演じさせるのか。

 

 その評価は入試の合否判定などには使わないという。神様でもむずかしい評価を入試判定に使うことはあってはならない。しかし、「使わない」とわざわざ断らなければならないのは、使われる恐れがあるということの裏返しだ。1人、2人の子どもを指導、評価するなら可能かもしれないが、30人、35人という子どもたちに目を配って評価をするとなれば教師が壊れちゃう。

 

学習指導要領を変え教える内容や教科書検定の基準は昨年決めており、これで教科化の枠組みが出そろったことになる。文科省のことだから少々のことでは方針を見直すこともしないだろう。教育現場は自らが当事者になる重大事であることに今一度思いを馳せ、教科化を断念させるか、少なくとも教科化の具体的手法の研究やタイムスケジュールの見直しを迫るべきだ。

 

今回の道徳教科化の端緒になったのは大津市の中2男子がマンションから飛び降り自殺した事件だ。子どもたちの規範意識を育てる必要があると政府の教育再生実行会議が提言したのを受けて始ったものだが、従来の道徳授業で対応は十分可能だ。大津事件は文科省が無理やり道徳教科化の足がかりにしようと目をつけたとしか思えない。子どもの内面評価はやり直しが許されない。

 

川柳「朝囀」専門家が 自信ないこと なぜやるの  ()

 

 

 

 

 

 

http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

2016年7月23日 (土)

「国民怒りの声」休眠へ、怒りは国民に届かなかったナ

 先の参院選に向けて、名前だけだったのかもしれないが、威勢のいい政党が旗上げした。安倍政権打倒を旗印に憲法学者、小林節慶応大学名誉教授が立ち上げた政党「国民怒りの声」がそれだ。舌鋒鋭く安倍政治を糾弾し、若者を鼓舞していただけに戦況は期待されたが、議席獲得はならなかった。

 

 政党人なら少なくとも敗戦、即店じまいということはない。しかし、そこが学者だ。あっさり党の「休眠」を宣言してしまった。休眠といってもそのうち目を覚まして活動を再開する予定ではないらしい。残務整理のための休眠で、小林教授は代表を下りるばかりか党も離れる。肝心の党名も、「怒り」の文字をはずして単なる「国民の声」としてしばらくつなぐという。

 

党旗上げの威勢が良かった、いや、怒りの声に乗せられて威勢が良すぎた分、望み敗れた時の反動が大きい。一挙に党の解体まで進んでしまう。それに学者が政治に手を染める結果は得てしてこうなる。学者だからものごとを理、いや理屈で考えてしまい、その先に「成功」を読みがちだ。しかし、政治の世界、そこは理屈より情がものをいう。浪花節の世界だ。

 

そこで説く理屈が明快なら明快であるほど世間は警戒する。身を捨てて追随することに躊躇する。史上、学者政治家が成功した例はまれだ。現実離れ、人情離れした政治、行政は国家や地域の発展を遅滞させるだけだ。小林教授は「自分に残された時間を大切に生きようと決めた」と政治から足を洗う決意を述べている。率直に申し上げて、それがいいと思う。

 

くやしまぎれだろうが、小林教授の捨てぜりふはいただけない。うまくいかなかったのは「メディアが私たちを無視した。報道してくれなかったからだ」と言う。それこそ言いがかりというものだ。主張や訴えが世上、注目を集めるようならメディアは放ってはおかない。訴えの内容に問題があったか、関心を持たれなかったか、どちらかだ。失礼だが、小林教授は政治活動を誤解している。

 

川柳「朝囀」 怒っても 節のあるやつ 現われず  ()

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

 

 

2016年7月15日 (金)

東京都知事選、強引な候補者調整に都民の批判強まる

各党の東京都知事選の候補者選びがそろって強引になったことはかつてなかった。いずれも都民の厳しい審判にさらされそうだ。まず民進党だ。経産省の元官僚、古賀茂明さんに出馬要請し前向きな返事をもらいながら、鳥越俊太郎さんが出馬の意慾を見せたら、古賀さんを放り出し鳥越さんに飛びついちゃった。古賀さんの手当てもしないで鳥越さんに野党4党による統一候補ばなしまで進めちゃった。

 

最終的には古賀さんがすんなり引き下がったからいいものの、民進党の強引さに対する批判はそのまま鳥越さんのマイナスにつながるだろう。自民党もそうだ。小池百合子さんがいち早く名乗りをあげたのに、都議団のボスたちや党都連会長の石原伸晃衆院議員は小池さんから逃げ回り、その裏で増田寛也さんを引っぱり出しに動いた。党員を無視して別人に出馬要請の強引さは都民の批判を呼んでいる。

 

女だから、鼻っ柱が強いから、嫌いだから…と、闇に葬ってしまおうとはひどい。都民は見ていないようでよく見ている。そしてそのまま増田さんへの批判となり、小池さんへの同情となっている。共産党もそうだ。前日弁連会長の宇都宮健児さんが名乗りをあげ事前審査まで済んでいたのに、鳥越さんへの野党4党統一支援に心変わり、告示ギリギリで宇都宮さんを引きずり下ろした。

 

宇都宮さんが納得して引いたのかもしれないが、都民には党の強引さとしか映らない。それはそのまま鳥越さんへの批判となっているようだ。公党が自分たちの都合で強引な調整をする。ひと口までに権力の暴走を抑える憲法の「立憲主義」を主張するが、自らそれを犯している。こういう傲慢さが結果的に「見掛け倒し」を押し立てる。そこから選ばれたリーダーが大化けした例はまずない。

 

川柳「朝囀」うちそろい 人を踏み付け 皮算用 () 

 

2016年7月13日 (水)

党の論理で人を粗末に…都知事選候補選びの実相

少しでも当選可能な候補者を欲しいのは当然だが、自民党も民進党も東京都知事選の候補者選びでは人間を粗末に扱った。これでは人に優しい政治ができるはずがない。民進党は経産省の元官僚、古賀茂明さんに出馬要請し前向きな返事をもらっていたのに丸1日も経たずしてジャーナリスト、鳥越俊太郎さんが「出馬したい」と直訴したら、古賀さんを放り出し鳥越さんに心変わりしちゃった。

 

他所の知事のことでムキになることもないが、古賀さんはその前に鳥越さんに出馬を促したことがあるからすんなり引き下がった。その時鳥越さんは「出ない」と言っていたから、古賀さんは民進党に前向きな返事をしていた。心変わりした民進党は鳥越さんに野党4党による統一候補ばなしまでしていた。古賀さんの理解ある撤収でおさまったが、都民には何が何だか分からなかっただろう。

 

自民党だっていち早く名乗りをあげた小池百合子元防衛相だったのに、都議団のボスたちや党都連会長の石原伸晃衆院議員が小池さんから逃げ回り、裏で元岩手県知事の増田寛也さんを引っぱり出しに動いた。党員である小池さんを無視して別人に出馬要請とは公党がやることではないだろう。女だから、鼻っ柱が強いから、嫌いだから…と、闇に葬ってしまおうとはひどい。

 

増田さんは稀に見る「出たがり屋」であることは改めて論じるまでもないが、小池さんが名乗り出ていることは百も承知だったはずだ。それならひと言小池さんに断りを入れるとか自分の気持ちを伝えてから党都連の要請に応えるべきだった。都民の信頼回復の先頭に立とうというならそれくらいの気遣いが必要だ。東京都は誠実そうに見えるエゴイストを3人続けて選び失敗している。

 

かつて「東京解体論」「東京縮小論」を冷酷に説いた人が一転して「東京再建論」を語れるのか。総務大臣の権力で年間2000億円前後の都の法人税を取り上げて地方にばら撒いて来た悪代官じゃないか。政治記者の端くれの一人として見てきた政界は往々にして「見掛け倒し」を押し立てる。そこから選ばれたリーダーが大化けした例はまずない。功名心なんかでこなせる仕事じゃない。

 

川柳「朝囀」功名心 ないというから ウソになる () 

2016年7月 5日 (火)

野田元首相、ノコノコ出てきて恥さらし…横綱白鵬にお詫び

書き立てるのも恥ずかしいが、元首相ともあろう人のことだからやっぱり放ってはおけない。旧民主党の総理大臣だった民進党の野田佳彦元首相が、大相撲の横綱白鵬(31)に詫び状を届けたそうだ。首相の器じゃなかったもんな…という声が改めて広がりそうだ。

 

ことは参院選挙が公示になった6月22日にさかのぼる。JR千葉駅前で街頭演説に立った野田元首相は、わざわざかち上げのポーズをして見せ、「白鵬は力が衰えた分、立ち合いが汚い。左手で相手の顔面を張り、ひるんだところに右ひじでかち上げ、エルボーを入れる。豪栄道は眼の下を骨折した」「安倍政権も同じで左手でアベノミクス、右手で憲法改正。顔の骨を国民が折る」とやった。

 

相撲が好きと言うだけあって取り口をよく見ている。よく覚えている。安倍政権の取り口にこじつけるにはちょっと無理があるが、もう政治家としてはあまり価値もなくなった。漫談の世界に転進すれば多少喜ばれそうな気もする。喜ぶどころか怒ったのが白鵬名古屋後援会の服部章平会長で、言うに事欠いたとはいえ横綱を侮辱している…と後援会として抗議した。

 

このため4日名古屋市内のホテルで開いた激励会に民進党の古川元久衆院議員と斎藤嘉隆参院議員が駆けつけ、「ご迷惑をおかけしました。心からお詫びします」と書かれた詫び状を届けた。白鵬横綱は「私は気にしてはいないが、私を応援してくれている方々がくやしい思いをしたのかな」とやんわり受け止めた。会場には「どっちが横綱か分からん…な」のため息が漏れた。

 

川柳「朝囀」 用済みが ノコノコ出てきて 恥をかく () 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

2016年7月 3日 (日)

小池じゃ駄目か、増田は手あかつき過ぎ…東京都知事選

自民党東京都連の頑固おやじの皆さん、言いたい放題もいい加減にしたらどうですか。小池百合子さんが崖から飛び降りるつもりで出るって名乗りをあげたんです。それを事前に相談もなかったからダメだ…なんて、分かり切ったことをなぜ言うんです。もう言いがかりそのものじゃないか。事前に相談すれば必ず党内調整とか何とか言って引きずりおろされちゃう。だから相談しなかったんだ。

 

小池さんだって自民党員じゃないか。国会議員になって長い。女性初の防衛大臣も自民党三役の一つ党総務会長も経験済みだ。過去に小沢一郎新党に引っ張られて自民党と袂を分かったこともあるけど、そういう批判力があるからケジメのある政治が期待できるのじゃないですか。党都連会長の石原伸晃さん、事前にひと言なかったのは不愉快でしょうが、あなたの都知事になるんじゃないんです。

 

あなたは「出たい人より、出したい人だ」なんて失礼なことをおっしゃってましたが、あなただってその「出たい人」だったじゃないですか。テレビ局の記者から衆院議員に転ずるとき、お父さんの力もあったでしょう…「出たい」一心で飛び出したんじゃないですか。言葉が過ぎるかもしれませんが、ここはあなたの知事でも自民党の知事でもないんです。東京都民の知事を選ぶんです。

 

好き嫌い、不快感なんかで拒絶して新しい候補者をさがすなんてたやすくないでしょ。政治家より実務型がいいなんて虫のいいことを言って元の岩手県知事、増田寛也さん(64)に白羽の矢を立てたようですが、建設省官僚から岩手県知事、総務大臣に抜擢された後、日本創生会議座長、社会保障制度改革国民会議委員、郵政民営化委員会委員長などありとあらゆる公職を経験している。

 

その経歴が語るように万能選手かも知れない。歴代政権に重用されてきたことがその証明だろう。しかし、それは半面で個の乏しい裏付けかも知れない。一国の首都の番頭はそれで大丈夫か。言葉を選ばず言わせてもらうならそれだけ政治権力の手あかがついていると言えないか。人気じゃない、実務に長けた人を…と言いながら「人気」に寄りかかっているのではないか、党東京都連の皆さん。

 

川柳「朝囀」 短気だね 崖かツリーか 決めちゃうの ()

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

官邸空け選挙応援の官房長官野党批判…自分はのうのう街頭遊説

バングラデシュ・ダッカ人質事件への対応中に菅義偉官房長官が官邸を空けて、新潟県入りして街頭遊説したのは「人命軽視だ」と民進党や共産党の幹部たちが批判している。選挙戦の天王山だから何でも批判のタネにしたいのだろうが、あまりやり過ぎるのはどうだろう。あがいているようでみぐるしい。

 

 人質事件を受けて安倍首相は北海道の遊説を取り止め、国家安全保障会議を開くなど危機対応にあたった。菅官房長官は午前8時半に官邸で緊急の記者会見を開いて状況を説明し、さらに状況把握に努めた後、萩生田光一、世耕弘成両官房副長官や西村泰彦内閣危機管理監などに後の任務を引き継いで、午後から新潟県に入り2カ所で街頭遊説してその夜に官邸に戻った。

 

 その菅官房長官の行動に対して野党が批判を強めたというのだが、民進党の江田憲司代表代行は横浜市で「首相がいるからいいだろうと言い出したら、官房長官はいらない」「選挙のための異例な行動だ」と批判。枝野幸男幹事長も「官房長官は余人をもって代えがたい立場だ」と批判した。また、共産党の志位和夫委員長は川崎市で「人命尊重と言いながら選挙優先だ」と非難した。

 

 当の菅官房長官は「やるべきことはすべてやれる状況にして行った。全く問題ない」と反論した。状況からすれば菅官房長官の言う通りだ。何の問題もない。問題なかった。そんなに言うなら、野党幹部も日本の国会議員なんだから、党本部に戻って緊急に備えるべきだ。自分たちはのうのうと選挙遊説をやりながら、官房長官だけを攻撃するというのはおかしいじゃないか。

 

 菅官房長官の不在が危機管理や事件対応に支障が起きたなら問題にすべきだが、現実はそうじゃない。もっとも聞かれたから非難したのかもしれない。いちいち仮の話のような質問をして「ニュースを作る」側にも問題がある。報道機関が政党間の批判や非難の道具にされるようじゃお話にならない。

 

 川柳「朝囀」国政を 担うを忘れ 批判ぐせ ()

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

ダッカの惨劇…悪魔の所業だ

寝食を忘れて友国の国土づくりに汗を流している勇士たちじゃないか。それをねらって襲撃するとはひどい。コーランを暗唱できない者を片っ端から殺害していったとは人間のやることではない。悪魔の所業だ。バングラデシュ・ダッカで起きた武装組織による人質事件では国際協力事業団(JICA)の下、ダッカのインフラ整備プロジェクトに参加していた日本人7人が犠牲になった。いたましい。

 

海外支援活動を生涯の仕事と誓って頑張ってきた人、任期を終えて帰国直前だった人などのことを思うと口惜しくてたまらない。その無念、不条理を思うとやり場のない怒りに打ちのめされそうになる。テロリズムに大義などあろうか。人間は誰もその生まれ落ちた国と生まれ落ちた時代に多かれ少なかれ翻弄されて生きる。それこそ神が私たちにもたらした宿命というものだ。

 

貧しさ、厳しさに打ち勝って生きることを神は人間に求めている。それを他国や権力や民族のせいにして、勝手な大義によって打ち倒そうとするテロリズム…それこそが神を冒涜する大罪だ。コーランを暗唱させる資格などない。あたたかな血が流れる人間を信ずる私たちは卑劣なテロをゆるさない。テロと戦う国際社会と連携し必ずその悪行をとめる。そのことを犠牲者のみなさんに誓いたい。

 

こういう悲劇があるたびに資源もない小国の宿命のようなものを痛感する。友国の資源開発や国土づくりに積極的に加わっていかねばならない。2013年アルジェリアで天然ガス開発プランとの設計施工に携わっていた日揮の作業員10人がテロ集団に襲われ、炎熱の砂漠に散った時もその宿命を痛感した。国の威信を背負っていくから開発競争に負けるわけにはいかない。

 

危険と背中合わせの地で頑張ることになる。今度の事件は犯行声明を出したイスラム武装組織ISの凶行がアジア、それも日本と目と鼻の先にまで迫っていることを物語る。人質として日本人がモロに狙われる時代なのだ。高い身代金が欲しけりゃ日本人をねらえ…とテロリストたちの間で囁かれる。人命第一に考えるわが国の姿勢を逆手に取った卑劣な行為だ。許すわけにはいかない。

 

川柳「朝囀」 政治家は 何を誓うか 犠牲者に   ()

 

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ