« ダッカの惨劇…悪魔の所業だ | トップページ | 小池じゃ駄目か、増田は手あかつき過ぎ…東京都知事選 »

2016年7月 3日 (日)

官邸空け選挙応援の官房長官野党批判…自分はのうのう街頭遊説

バングラデシュ・ダッカ人質事件への対応中に菅義偉官房長官が官邸を空けて、新潟県入りして街頭遊説したのは「人命軽視だ」と民進党や共産党の幹部たちが批判している。選挙戦の天王山だから何でも批判のタネにしたいのだろうが、あまりやり過ぎるのはどうだろう。あがいているようでみぐるしい。

 

 人質事件を受けて安倍首相は北海道の遊説を取り止め、国家安全保障会議を開くなど危機対応にあたった。菅官房長官は午前8時半に官邸で緊急の記者会見を開いて状況を説明し、さらに状況把握に努めた後、萩生田光一、世耕弘成両官房副長官や西村泰彦内閣危機管理監などに後の任務を引き継いで、午後から新潟県に入り2カ所で街頭遊説してその夜に官邸に戻った。

 

 その菅官房長官の行動に対して野党が批判を強めたというのだが、民進党の江田憲司代表代行は横浜市で「首相がいるからいいだろうと言い出したら、官房長官はいらない」「選挙のための異例な行動だ」と批判。枝野幸男幹事長も「官房長官は余人をもって代えがたい立場だ」と批判した。また、共産党の志位和夫委員長は川崎市で「人命尊重と言いながら選挙優先だ」と非難した。

 

 当の菅官房長官は「やるべきことはすべてやれる状況にして行った。全く問題ない」と反論した。状況からすれば菅官房長官の言う通りだ。何の問題もない。問題なかった。そんなに言うなら、野党幹部も日本の国会議員なんだから、党本部に戻って緊急に備えるべきだ。自分たちはのうのうと選挙遊説をやりながら、官房長官だけを攻撃するというのはおかしいじゃないか。

 

 菅官房長官の不在が危機管理や事件対応に支障が起きたなら問題にすべきだが、現実はそうじゃない。もっとも聞かれたから非難したのかもしれない。いちいち仮の話のような質問をして「ニュースを作る」側にも問題がある。報道機関が政党間の批判や非難の道具にされるようじゃお話にならない。

 

 川柳「朝囀」国政を 担うを忘れ 批判ぐせ ()

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

« ダッカの惨劇…悪魔の所業だ | トップページ | 小池じゃ駄目か、増田は手あかつき過ぎ…東京都知事選 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 官邸空け選挙応援の官房長官野党批判…自分はのうのう街頭遊説:

« ダッカの惨劇…悪魔の所業だ | トップページ | 小池じゃ駄目か、増田は手あかつき過ぎ…東京都知事選 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ