« 党の論理で人を粗末に…都知事選候補選びの実相 | トップページ | 「国民怒りの声」休眠へ、怒りは国民に届かなかったナ »

2016年7月15日 (金)

東京都知事選、強引な候補者調整に都民の批判強まる

各党の東京都知事選の候補者選びがそろって強引になったことはかつてなかった。いずれも都民の厳しい審判にさらされそうだ。まず民進党だ。経産省の元官僚、古賀茂明さんに出馬要請し前向きな返事をもらいながら、鳥越俊太郎さんが出馬の意慾を見せたら、古賀さんを放り出し鳥越さんに飛びついちゃった。古賀さんの手当てもしないで鳥越さんに野党4党による統一候補ばなしまで進めちゃった。

 

最終的には古賀さんがすんなり引き下がったからいいものの、民進党の強引さに対する批判はそのまま鳥越さんのマイナスにつながるだろう。自民党もそうだ。小池百合子さんがいち早く名乗りをあげたのに、都議団のボスたちや党都連会長の石原伸晃衆院議員は小池さんから逃げ回り、その裏で増田寛也さんを引っぱり出しに動いた。党員を無視して別人に出馬要請の強引さは都民の批判を呼んでいる。

 

女だから、鼻っ柱が強いから、嫌いだから…と、闇に葬ってしまおうとはひどい。都民は見ていないようでよく見ている。そしてそのまま増田さんへの批判となり、小池さんへの同情となっている。共産党もそうだ。前日弁連会長の宇都宮健児さんが名乗りをあげ事前審査まで済んでいたのに、鳥越さんへの野党4党統一支援に心変わり、告示ギリギリで宇都宮さんを引きずり下ろした。

 

宇都宮さんが納得して引いたのかもしれないが、都民には党の強引さとしか映らない。それはそのまま鳥越さんへの批判となっているようだ。公党が自分たちの都合で強引な調整をする。ひと口までに権力の暴走を抑える憲法の「立憲主義」を主張するが、自らそれを犯している。こういう傲慢さが結果的に「見掛け倒し」を押し立てる。そこから選ばれたリーダーが大化けした例はまずない。

 

川柳「朝囀」うちそろい 人を踏み付け 皮算用 () 

 

« 党の論理で人を粗末に…都知事選候補選びの実相 | トップページ | 「国民怒りの声」休眠へ、怒りは国民に届かなかったナ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京都知事選、強引な候補者調整に都民の批判強まる:

« 党の論理で人を粗末に…都知事選候補選びの実相 | トップページ | 「国民怒りの声」休眠へ、怒りは国民に届かなかったナ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ