« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月30日 (火)

相次ぐ少年暴行死事件…オロオロしてるだけじゃしょうがない

 

 今、学校でこの問題をどう話し合っているのか聞いてみたが、ほとんど明快な返事が返ってこない。職員会議などの席で注意を喚起する話題として出たところはあるようだが、具体的に何かの方針が示されたり、検討に付されているところはほとんどない。教育委員会も学校現場に通達、指示を出したという話にもなっていない。秋風のように学校を吹き抜けていったようだ。

 

何がって、言うまでもない埼玉県の河川敷で16歳の少年が遺体で見つかり、中学生を含む少年5人が殺人容疑で逮捕された事件のことだ。川崎市の河川敷で中学1年生男子が仲間の少年たちにカッターナイフで首を何度も切られ殺害されるという事件が1年前にもあったばかりだ。子どもを預かる学校、子どもを持つ家庭がオロオロするのは分かるが、何か手を打たなければ仕方ないだろう。

 

人の命がこれほど軽んじられるようになってしまったのはなぜだ。その理由や動機がなければそんな風になるわけがないだろう。少年たちは暴行はしたが、殺してはいない―と悪びれず言っている。弁護士がそう言わせたのかもしれないが、自分の命を守ることにだけは執着している。これが15、16歳の心のやわらかな少年の心だろうか。荒んだ、ささくれ立った心ではないか。

 

人の頭を水中に押し込み続ければ呼吸ができなくて死んでしまう。中学生にもなってそんなことも分からないはずがない。弁護士は無罪を勝ち取ることがすべてなのか。子どもたちに罪の心を洗わせ、真人間に生まれ変えさせることが先ではないか。それでなければ失われた命を一緒になっていたぶっているいるだけじゃないか。

そんなことで法の番人、正義の味方と言えるのか。

 

 悲しい残虐な事件に違いないが、目をそらすことなく、子どもたちと向き合い、生きることの大切さをしっかり教えよ。自分さえ良ければ人はどうでもいい…というすきま風は大人たちの間や社会に吹きすさんでいる。それは誰かを生け贄にしてしまう恐ろしい風だ。それを子どもたちは見たとおり、感じた通りに演じている。学校も家庭も社会の病理に立ち向かう勇気を今こそ持たないといけない。

 

 川柳「朝囀」暴行死 見本は社会に 転がってる  (誠)

 

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

過激派の世界文化遺産破壊続く…愚かな証にそのまま残せ!!

 

 平山郁夫画伯がこの世にあったら、何と言って嘆くだろう。武装集団や過激派組織による遺産の破壊は止まず、アフリカや中東では貴重な文化遺跡が次々と姿を消している。いったん破壊された遺跡はどんなに手を加えても元の姿には戻らない。愚かな野蛮人たちは一体何を考えているんだろう。

 

 西アフリカ・マリにある世界遺産の破壊を命じたとして、戦争犯罪に問われたイスラム過激派の元戦闘員に対する法廷がオランダ・ハーグの国際刑事裁判所で開かれ、アフマド・ファキ・マフディ被告は「深く後悔している。人々に許しを請いたい」と謝罪したという。マフディ被告はマリ北部の世界遺産都市トンブクトゥで9つの霊廟などの文化財の破壊を命じたという。

 

 イスラム過激派の強い影響を受けていたと認めた。シリアのパルミラの遺跡が破壊されたのをはじめ過激派組織イスラム国(IS)が「偶像崇拝にあたる」として貴重な文化財を破壊する行為を続けており、中には貴重な歴史資料やミイラまで海外に持ち出されて闇市場で売買され、資金源にされたりしているという。かつてはカンボジア内戦でアンコールワットの寺院遺跡が犠牲になった。

 

 アフガン内戦ではバーミャン渓谷の磨崖仏群がイスラム過激派タリバンによって爆破された。その修復を検討するシンポジウムがユネスコで開かれたことがあるが、平山郁夫画伯は「修復するな! 人間の愚かさの証として壊されたまま残せ!」と怒りを込めて語ったものだ。その怒りは当然だ。人類共通の遺産の略奪が罪を逃れることはないという厳しい警告を国際刑事裁判所は発してほしい。

 

 川柳「朝囀」いつ止むか 遺跡の破壊 愚かなり (誠)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

2016年8月28日 (日)

伊調の栄誉賞が政治利用だって? いい加減にしろ天邪鬼め!

 

 予想以上の成績を残し2020年東京五輪に期待をつないだリオ五輪…その活躍選手たちに都道府県や市町村から特別表彰が続いている。中央では安倍内閣が史上初の4連覇を成し遂げた女子レスリングの伊調馨選手(32)に「国民栄誉賞」を授与する方向で準備が進められている。

 

 世の中にはへそ曲がりが多い。伊調選手への「国民栄誉賞」をめぐって安倍内閣の「政治利用だ」とメディアが騒いでいる。リオ五輪の閉会式で安倍首相がスーパーマリオに扮して「次は東京で会いましょう」と呼び掛ける、いわゆる「首相マリオ」のパフォーマンスに「スポーツの政治利用だ」と騒ぎ立てたメディアもあった。料簡がせまいというか、スポーツを楽しむ資格はないね。

 

 国民栄誉賞の目的は広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えるに顕著な貢献があった者に与えられるはずだという主張はその通りだ。でも、伊調選手について「この目的をクリアしているだろうが、国民受けはイマイチだ」「国民栄誉賞の大バーゲンだ」とネットの書き込みを含めて随分失礼なことを言っている。政治評論家にまで「政治利用の臭いプンプンだ」と言わせている。

 

 陸上や水泳と比べたらやや人気度は落ちるかもしれないが、世界一を競うオリンピックで4回も続けて優勝する、金メダルを取る。そんなこと簡単にできることじゃない。どんなに国民に感動と自信、威信を与えてくれたか分からない。「国民栄誉賞」受賞に何の問題があろうか。授与を決めた安倍内閣にも称賛が寄せられるだろう。だから、人気取りだ、政治利用だ…というのは偏狭なこじつけだ。

 

 川柳「朝囀」情けなや 賞喜べぬ 偏狭屋  (誠)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

2016年8月23日 (火)

「首相マリオ」はスポーツの政治利用? そんなバカな!

 感動、熱狂のうちに幕を閉じたリオ五輪だが、その閉会式に安倍首相がスーパーマリオ姿で登場したのを早速、新聞が「スポーツの政治利用だ」と難くせをつけている。連日のように熱狂的な記事で埋め尽くした新聞を作ってきたのに終われば、ああこうあら探しをする。料簡がせまいね。もうちょっとものごとを広い視野で見届けることができないのかねえ。

 

 問題の「首相マリオ」は、大きな土管をリオから東京へ通り抜けたマリオが赤いボールを手に土管から姿を現わす仕掛けだ。そのマリオ役が「TOKYO」のマーク入りの赤い帽子をかぶった安倍首相だった。4年後は東京でお迎えする―という意味を込めた演出で、パフォーマンスの最後に「東京で会いましょう」というメッセージが流れた。会場に喜びの声が響いた。

 

 それをあまのじゃくの東京の通信社や知識人と称する人たちが「スポーツの政治利用だと問題視する声も出るのではないか」と批判の火をつけた。確かに五輪憲章は政治的な宣伝活動を禁止しているが、「首相マリオ」がその政治宣伝だと受け取る人はまずいないだろう。非難するブーイングが続いたというなら仕方がないが、会場は歓声に包まれ、なかなかの評価だったというではないか。

 

 元々、JOC組織委員会の森喜朗会長が東京都と相談して2020年東京大会への強いメッセージを発するために企画し、安倍首相に出演を依頼して実現したという。五輪憲章に触れるような政治的意図をもって仕組まれたと見るには無理がある。そこまで疑えば歓迎行事もろくろくやれない。首相任期の延長狙いもあるのだろう―なんていうのは偏狭な記者のこじつけだ。

 

 川柳「朝囀」あまのじゃく 熱狂冷めて あら探し  (誠) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

2016年8月15日 (月)

不戦の英知磨き深めよう…記憶の伝承も大切だが

 71回目の「8月15日」、終戦の日を迎えた。現役の新聞記者時代からもう何度こう書いてきたことか。もう何日も前から「間もなく終戦から71年」「老いる戦争体験者」「戦争体験、どう語り継ぐ」…と新聞各紙は書き連ねてきた。体験を語り継ぐことで平和を守れる。悲惨な戦争を繰り返させない。ひたすらそう信じているからだろう。

 

悲惨な戦争体験を語り継ぐことは大切だが、それと同じくらいやらなければならないことがある。70年かかって学び取った英知を磨くことだ。長い歳月をかけて私たちはあの戦争の悲惨さ、むごさから「もう金輪際どんなことがあっても戦争なんかしないぞ!」という教訓を学んだ。それを英知に磨き深めることによって不戦構造を確立することができると考える。

 

終戦の日だけでなく常日ごろ世代を分かたず不戦の英知を学び深め合うことだ。だって、大半が戦争体験のない、しかも豊かな時代を生きてきた親世代だ。実感としての貧しさ、ひもじさ、悲惨さなんか分からないだろう。ことばとしての戦争体験を語り継ぐことで精いっぱいではないか。語り部がいなくなっても不戦の英知を磨き合う環境を備えたい。それが語り部たちに報いる道だ。

 

開戦直前に生まれ、母に抱かれ乳をのむのは真っ暗な防空壕の中だった。もの心ついたのは戦火の真っただ中、空襲警報のサイレンとともに家から防空壕に逃げ込み、汗びっしょりになって息を殺す…人生の原体験は恐怖そのものだった。少年時代は衣食住ナイナイづくしの窮状下だった。子ども6人に1人が貧困状態にあるといわれる今の貧困社会とどこがどう違うのか知りたい。

 

ボール紙で作った筆入れ、空にかざせば星空をのぞくように穴ぼこだらけの本、馬ふん紙を芯にして成型されたズック靴は水にぬれるとグニャグニャになってしまう。突然の雨にはズックを脱いで懐に抱え裸足で帰ったものだ。今は子どもの靴は飾り金具一つ外れただけで捨てられてしまう。こういう社会にしてしまった責任はどうする。終戦の日に語るべきはそのことかもしれない。

 

 川柳「朝囀」 骨の髄 不戦のさけび しみわたれ (誠)

 

 

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

 

2016年8月13日 (土)

日本の救助ほめるより領海侵犯やめろ! 尖閣の中国船事故

 中国の漁船や公船による領海侵犯がひんぱんに起きているわが国の尖閣諸島周辺海域で中国漁船がギリシャ船籍の大型貨物船と衝突し沈没した。遭難事故の通信を傍受したわが国の海上保安本部は巡視船と航空機を現場に急行させ中国漁船の乗組員6人を救助した。6人を石垣島の病院に搬送して手当てしたあと中国側に引き渡し、なおも行方不明船員の捜索を続けている。

 

中国側は外交ルートを通じてわが国に謝意を表明し、中国外務省は中国漁船員の救助に対して「協力と人道主義の精神に称賛の意を表す」との談話を出した。「称賛」とはことばでほめるという意味だが、この場合は領海侵犯を含めて「おわび」を表す方が正しいのじゃないか。わが国としては何もほめてもらわなくったっていい。危険にさらされている人を助けるのは当然なのだ。

 

船員救助と行方不明者捜索に当たるわが国海保に「ほめてつかわす」といわんばかりの尊大だ。報道によれば中国外務省の副報道官は「行方不明船員の捜索に当たって日中が協力的な態度で適切に対処するように」とのコメントを出したという。救助した船員を厳しく取り調べたりしないで、迅速に引き渡せ―と要求しているのだ。言いたい放題じゃないか。迷惑をかけてすまない…という姿勢じゃない。

 

領海を侵犯された上、衝突・沈没事故を起こされ、行方不明船員の捜索までやらなければならない。わが国としては踏んだり蹴ったりじゃないか。領海侵犯の航行、操業を自粛する―くらいの話になぜならない。日本政府はもっと毅然とした姿勢で中国側に対応すべきじゃないか。新聞、テレビ各社はキチッと社論を掲げるべきじゃないか。国際世論に訴える気概はないのか。

 

川柳「朝囀」 この国の ほんとの気持ち はかりかね ()

 

 

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

2016年8月12日 (金)

大統領候補が暗殺教唆、病める米国は重篤だ

 何でもありの米国のことだから大抵のことには驚きもしないが、大統領選の候補が対立候補の暗殺を促す暴言に及ぶとは驚いた。こんな人物を米国民はまともな大統領候補として認めているのだから、むしろそっちの方が恐ろしい。よその国をそんな風に呼んでは悪いが、「病める国」アメリカの病状は重篤だ。

 

暴言の主はいうまでもなく、あの右手でポーズをとりながら絶叫する共和党候補トランプ氏(70)だ。今月9日、ノースカロライナの集会の講演で対立候補である民主党クリントン氏(68)が銃規制の強化を主張していることを批判し、「クリントン氏が大統領になれば銃所有を認めた憲法修正第2条は廃止される。でも修正2条の人々にはできることがあるかもしれない」と述べた。

 

「修正2条の人々」とは具体的に何を指すのか言わなかったが、常識的な解釈としては修正2条を支持する人たち、銃の保持者を意味していると解釈され、銃の保持者たちがクリントン氏を銃撃して修正2条の廃止を食い止める手がある―と暗殺の誘発をそそのかしたものと受け止められる。暴言王の発言だから「またか」と受け止められてはいるが、危険きわまりない発言だ。

 

銃がまん延する米国社会では暗殺につながりかねない。大統領候補が暗殺を誘発するとは危険を通りこして狂気だ。大統領候補としての適格性に疑問がある。共和党員の中にはトランプ氏を支持できないとして不支持に回る者も出始めているが、国際世論はなぜか沈黙している。わが国の大新聞は米国の銃社会に「ノー」を突きつけてきたのになぜ声をあげない。メディアの委縮とはこういうことだ。

 

川柳「朝囀」 気がかりは 暗殺教唆も 不感症  ()

 

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

2016年8月 3日 (水)

新都知事の初登庁、出迎えは議員2人…情けなや、自民都議団

 女性初の東京都知事になった小池百合子さんの初登庁の様子がテレビに映し出されていた。その中で特に選挙で小池さんを敵に回して戦った自民党の大人げない仕打ちには怒りを禁じ得なかった。小池新知事があいさつに伺った自民党議員団の控室はもぬけの殻同然…たった2人、出迎えたといっても「私はたまたまいただけです」と小池さんを出迎える形になったことを言いわけにしていた。

 

明らかに小池さんの挨拶を受けないと申し合わせていたのだろう。ひどい。戦いは済んだ。そして自分たちは負けた。結果を素直に受け入れてこそ人々の信頼の上に立つ選良だ。しかも、選挙の勝敗は民主主義の主人公である都民の厳粛な審判の結果である。それを受け入れないというなら、都民を敵に回すことになる。都民のみなさん、この現実を目に焼き付けておいてください。

 

そのことをやがてやってくる都議会議員選挙の時に思い出してください。無礼を演じた議員がタスキをかけて候補者になっていても絶対に「1票」を入れないことです。意地悪するつもりじゃなかった、党の締め付けがきつかったので仕方なかった…などとうまいことを言って、応援を要請するかもしれない。いや、豹変も毀誉褒貶もへっちゃらな人たちです。だまされないことです。

 

政党や組織のボスたちの傲慢が候補者調整の過程でさらけ出されました。その傲慢にひるむことなく戦いを挑んだ小池さん、既成の政党の横暴を怒り鉄槌を食らわせた都民のみなさんの戦いぶりは、地方にいる私たちの選挙観を根底から揺さぶりました。これからあちこちの地方選挙でみなさんのように権力の横暴に立ち向かう市民、闇の力に対抗する勇気ある候補者が出てくると思います。

 

川柳「朝囀」負けてなお 素直になれぬ 自民党 ()

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

2016年8月 1日 (月)

石原親子の傲慢が招いた負け戦

 石原慎太郎、伸晃親子が演出した負け戦でしたね。生意気な息子の石原伸晃自民党都連会長は「小池さんは自民党の人間ではない」「本当の自由人なんですね」と自民党衆院議員である小池百合子さんを最初からバカにしくさった。父親の慎太郎氏も「厚化粧の年増女」「うそつき」呼ばわりして、都民の反発を買い、そこから小池さんへの同情が爆発的に広がった。

 

 「岩手県で行政手腕を発揮した増田さんしかない」と慎太郎氏は増田さんを持ち上げた。行政手腕って何をやったっていうのか、知りもしないじゃないか。増田氏は東京解体論者で、総務大臣の時には東京都の法人税を剥ぎ取って地方に分散する税制改正を断行した。いわば東京都の敵だ。それにいろんな諮問、審議機関に名を連ねているが典型的な公職渡り歩き屋、いわば出たがり屋に過ぎない。

 

 息子も息子だが親父も親父だ。人を人とも思わん傲慢だ。そこまで小池さんを罵倒しなくてもいいのに…か弱いとは言わないが、相手は女性じゃないか。いじめれば世間の同情が集まるくらいのことは分からなかったのか。小池さんに非があるように繕って、その間に増田さんを引っぱり出そうなんて見え見えに過ぎた。その上に「増田寛也」を呼び違えるようじゃお話にならない。

 

 伸晃氏の党都連会長解任は当然だ。人間性を疑われるような発言を繰り返すところを見ると、政治家も辞めた方がいい。党幹事長代理のころ、自民党総裁選に名乗りを上げた谷垣禎一幹事長に「私は谷垣さんのために幹事長代理をしてきたのじゃない」とむごいことを言って支援を断わった。今回も増田氏以外を応援した党員は除名処分にするとおふれを出し、党員の多くを小池支援に回してしまった。

 

 先出しジャンケンの勝利だ、敵づくりのうまさだ…と選挙通を自認する人たちはしきりと小池さんの戦略戦術眼を強調しているが、そうだろうか。小池さんはそんな計算をしながら戦ったわけではない。持ち前の話し上手に乗って自分の気持ちを率直に吐露、その話しかけるような遊説が人々を引き込んでいった。自民党都連のボスや石原親子の独善がその流れを後押ししただけだ。

 

 

川柳「朝囀」 身びいきの つもりが足を 引っ張って  ()

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ