« 日本の救助ほめるより領海侵犯やめろ! 尖閣の中国船事故 | トップページ | 「首相マリオ」はスポーツの政治利用? そんなバカな! »

2016年8月15日 (月)

不戦の英知磨き深めよう…記憶の伝承も大切だが

 71回目の「8月15日」、終戦の日を迎えた。現役の新聞記者時代からもう何度こう書いてきたことか。もう何日も前から「間もなく終戦から71年」「老いる戦争体験者」「戦争体験、どう語り継ぐ」…と新聞各紙は書き連ねてきた。体験を語り継ぐことで平和を守れる。悲惨な戦争を繰り返させない。ひたすらそう信じているからだろう。

 

悲惨な戦争体験を語り継ぐことは大切だが、それと同じくらいやらなければならないことがある。70年かかって学び取った英知を磨くことだ。長い歳月をかけて私たちはあの戦争の悲惨さ、むごさから「もう金輪際どんなことがあっても戦争なんかしないぞ!」という教訓を学んだ。それを英知に磨き深めることによって不戦構造を確立することができると考える。

 

終戦の日だけでなく常日ごろ世代を分かたず不戦の英知を学び深め合うことだ。だって、大半が戦争体験のない、しかも豊かな時代を生きてきた親世代だ。実感としての貧しさ、ひもじさ、悲惨さなんか分からないだろう。ことばとしての戦争体験を語り継ぐことで精いっぱいではないか。語り部がいなくなっても不戦の英知を磨き合う環境を備えたい。それが語り部たちに報いる道だ。

 

開戦直前に生まれ、母に抱かれ乳をのむのは真っ暗な防空壕の中だった。もの心ついたのは戦火の真っただ中、空襲警報のサイレンとともに家から防空壕に逃げ込み、汗びっしょりになって息を殺す…人生の原体験は恐怖そのものだった。少年時代は衣食住ナイナイづくしの窮状下だった。子ども6人に1人が貧困状態にあるといわれる今の貧困社会とどこがどう違うのか知りたい。

 

ボール紙で作った筆入れ、空にかざせば星空をのぞくように穴ぼこだらけの本、馬ふん紙を芯にして成型されたズック靴は水にぬれるとグニャグニャになってしまう。突然の雨にはズックを脱いで懐に抱え裸足で帰ったものだ。今は子どもの靴は飾り金具一つ外れただけで捨てられてしまう。こういう社会にしてしまった責任はどうする。終戦の日に語るべきはそのことかもしれない。

 

 川柳「朝囀」 骨の髄 不戦のさけび しみわたれ (誠)

 

 

 

 

 

 

 

 

 http:gonbee-72.cocolog-suruga.com

 

« 日本の救助ほめるより領海侵犯やめろ! 尖閣の中国船事故 | トップページ | 「首相マリオ」はスポーツの政治利用? そんなバカな! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不戦の英知磨き深めよう…記憶の伝承も大切だが:

« 日本の救助ほめるより領海侵犯やめろ! 尖閣の中国船事故 | トップページ | 「首相マリオ」はスポーツの政治利用? そんなバカな! »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ