« 相次ぐ少年暴行死事件…オロオロしてるだけじゃしょうがない | トップページ | 新幹線の足投げ出し運転…うわさがあったのではないか »

2016年9月 4日 (日)

調査チームの発表は信じられない…東京五輪招致をめぐる疑惑

巨額契約金の使途は不明で、キーマンとみられる人物から話も聞けなかったのに「違法性はない」「疑いは晴れた」―2020年東京五輪招致の不正疑惑を調べていた日本オリンピック委員会(JOC)の外部調査チームが子どもだましのような発表をした。疑いを持たれているJOCが設けた、いわば身内の調査チームだから、疑惑の解明なんか後回しで幕引きを急いだようだ。

 

招致委員会がシンガポールのコンサルタント会社に振り込んだ2億2200万円について「票の買収に使われた疑いを拭い去ることはできなかった」としながら、なぜ「疑いは晴れた」と発表したのか。支払われた金のその先の流れは何も分かっていないのに、なぜ「疑いが晴れた」という発表になったのか。JOC側に贈賄の意思はなかったにしても買収の意思だったかもしれない。

 

 コンサルタント料や倹約金、成功報酬…など常識を超える高額な金がいとも簡単に招致活動の裏で動いているという事実を改めて突きつけられた。フランス検察当局は買収事件として捜査を続けており、JOCに「クロ」の判定が下ったらどうするんだろう。疑惑なんぞどこ吹く風とばかり、「オリンピック招致は金次第」「買収は常識だ」と知ったかぶりの世間がこわくなる。

 

「お前は東京五輪に反対なのか」「リオ五輪の日本チーム活躍がうれしくなかったのか」という批判ブログが舞い込むのが哀しい。返信する気にもならない。疑惑の中の招致実現を喜べるか。正義とクリーンは五輪精神だ。コンサルタント会社会長が極めて秘匿性の高い情報を入手できる立場にあったことを利用したと言わんばかりの説明には疑惑が深まるばかりだ。

 

「不適切だが、違法ではない」―調査チームはそうご託宣を出して幕引きにするのではないか。6月にそう書いてブログ発信した。それよりさらに悪びれず「疑いは晴れた」との発表だ。リオ五輪の感動と熱気が残るうちに幕引きをしてしまおうという五輪村の思いがまかり通った。2020年東京五輪を招致できたんだからいいじゃないか、いい加減にしろ! 闇の中からそんな声が聞こえてくる。

 

 川柳「朝囀」感動が 冷めぬうちにと 店じまい (誠)

 

 

« 相次ぐ少年暴行死事件…オロオロしてるだけじゃしょうがない | トップページ | 新幹線の足投げ出し運転…うわさがあったのではないか »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 調査チームの発表は信じられない…東京五輪招致をめぐる疑惑:

« 相次ぐ少年暴行死事件…オロオロしてるだけじゃしょうがない | トップページ | 新幹線の足投げ出し運転…うわさがあったのではないか »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ