« 本会議さぼって堂々ヒマラヤへ…あきれた市議会副議長 | トップページ | 山本農水相、冗談も休み休み言ってくださいよ »

2016年10月27日 (木)

市も県も控訴するな! 子らの冥福を祈ろう―大川小訴訟

 「高さ10㍍の津波が来る」というラジオ放送を先生が聞いていたし、市や消防署の広報車が学校の真ん前で大津波の襲来を告げていたのだから、学校は津波を予見できた。全校児童の7割にあたる74人が津波の犠牲になった石巻市・大川小の遺族が起こした損害賠償訴訟に仙台地裁は学校の過失を認め、石巻市と宮城県に総額14億円余りの賠償を命ずる判決を下した。

 

市も県も控訴しないで判決をしっかり受け止めて子どもたちの冥福を祈るとともに再発防止を誓って欲しいと思う。助かる可能性がいっぱいあったのに、先生の言う通りにしていたのに、学校が子どもたちを救えなかった悲劇だ。親たちが訴訟に訴えたのもその一点で納得の可能性をさがすつらい旅だった。わが子の命を賠償額に置き換えるのはつらかっただろう。

 

大川小が津波襲来を知らされた時は50分も余裕があった。だが、子どもたちを校庭に集めたまま避難先や避難ルートをめぐって混乱し、避難行動を開始した時は10分もゆとりはなくなっていた。最後は近くの安全な裏山でなく遠い危険な河川堤防を避難先に選んでしまった。避難を始めて数分で津波に遭遇、子どもたちはお互いに手をつないだまま濁流に飲まれていった。

 

専門家らによる第三者委は、避難決定の遅れや危険な河川堤防を避難先に選んだことが多くの児童が犠牲になった最大の直接的な要因と結論付けた。だが、避難決定の遅れについては関係者が死亡していることから遺族の疑問に十分に答えられなかったばかりか、再発防止策を示すのが(第三者委員会の)目的だという説明に遺族は打ちのめされ、真相究明を法廷に求めた。

 

 市教委は生き残った子どもたちから聞き取った証言メモを、まるで命を投げ捨てるかのようにくずかごに捨ててしまうなど子どもたちへの気遣いに欠けた。そのことにも鉄槌を加えて欲しかったのに第三者委はほとんどを素通りした。わが子がいなくなったことをまだ信じられない。悲しみの旅はいつ終わる。遺族が事実を受け容れられる日は来るのだろうか。

 

川柳「朝囀」忘れまい 子どもと逝った 教師あり (誠)

 

 

 

 

 

 http://gonbee-72.cocolog-suruga.com 

 

 

 

 

 

 

« 本会議さぼって堂々ヒマラヤへ…あきれた市議会副議長 | トップページ | 山本農水相、冗談も休み休み言ってくださいよ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市も県も控訴するな! 子らの冥福を祈ろう―大川小訴訟:

« 本会議さぼって堂々ヒマラヤへ…あきれた市議会副議長 | トップページ | 山本農水相、冗談も休み休み言ってくださいよ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ