« 政党政治に期待できる―日本だってわずか15%だ | トップページ | 大番狂わせの余波日本でも…課題先延ばしの政治危うし »

2016年11月 9日 (水)

勝ったのはトランプじゃなく共和党だよ―間違うな!

 

 大方の予想、いや期待を裏切って共和党のトランプ候補が接戦を制した。アメリカ初の女性大統領誕生の夢は実らなかった。結論的に言えばトランプ氏、クリントン氏ともに地盤州の優劣を大きく損なうことなく固めた戦いで、トランプ氏は乱暴な発言や過去の舌禍に対する批判が致命的失点にならなかった。逆にそれを決定的なダメージとできなかったクリントン氏の差で終わった。

 

 歴史的に支持基盤が州ごとに共和党、民主党の間で確立してきたアメリカではそれを打ち砕いて雌雄を決するには、余程決定的な争点があるか、候補者の魅力や力量がカギになる。2人の候補者にその雌雄を決する魅力があるとは思えない。選挙戦を通して「魅力に欠けた候補者同士の戦い」という折紙がつけられ、有権者は「どっちにも票を入れたいとは思わない」と公言してきた。

 

大統領夫人、上院議員、国務長官と言ったクリントン氏の豊富な経験は大きな力のはずだ。実業家としてのトランプ氏の経験と実績も疲弊しきった産業界を見れば何よりの頼りがいに違いない。しかし、クリントン氏の豊富な政治経験は、その長い経験ゆえに実行力の乏しさのあかしと受け止められた。トランプ氏の政治経験のなさは、逆にしがらみなく改革に挑戦できる実行力と期待を集めたのだ。

 

着実に白人労働者票を固めていったトランプ氏。暮らしの苦境から叫びをあげる困窮層、特に絶望の淵から這い上がろうともがく若年層にこれといって希望を与えるような政策を提示できないクリントン氏。その叫びも戦いも無理やり実績を売り込んだ戦いでしかなかった。守りだ。選挙に守りは致命傷だ。不法移民から仕事を取り返してやる―そう叫ぶトランプ氏の方が余程頼もしい。

 

クリントン氏優勢、クリントン氏有力―との報道を展開してきた日本のメディアはどこを見てそう断じたのか。トランプ氏の極端な発言や過去の言動に惑わされたのではないか。生きるか死ぬかをかけて「一票」を投じる人々の切羽詰まった心情を汲み取りそこなったのではないか。確かにトランプ氏はちょっぴり言葉のお行儀がわるい。でも、お行儀のわるい政治家はいくらもいる。

 

川柳「朝囀」リンカーン ホッと胸を 撫でている  (誠)

 

« 政党政治に期待できる―日本だってわずか15%だ | トップページ | 大番狂わせの余波日本でも…課題先延ばしの政治危うし »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝ったのはトランプじゃなく共和党だよ―間違うな!:

« 政党政治に期待できる―日本だってわずか15%だ | トップページ | 大番狂わせの余波日本でも…課題先延ばしの政治危うし »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ