« これでスッキリ、東電と国の責任断罪―大津波予見していた | トップページ | シリアで今、何が起きているのか »

2017年3月23日 (木)

裏切り証言、よくもスラスラと―籠池証言あきれるばかり

 

 教育者を名乗る策略家が小学校建設を思い立って、大物の名を冠した支援組織や融資・寄付集めの金策を企てたら、声を掛けられた人たちが見事に引っ掛かって、見る見るうちに大きな虚構が築かれていってしまった。いや、すんでのところで策略家の思い通りになるところだった。森友学園、籠池泰典理事長の国会での証人喚問を聞いた第一感だ。

 

安倍首相との直接の出会い場面は登場しなかったものの、昭恵夫人に講演をしてもらったことなどを通して親しくなり、国有地の借り受けについて助けてもらおうと携帯に電話を入れたりしていた。講演に見えた昭恵夫人から「安倍晋三からです―と封筒に入った100万円(の寄付)をいただいた」と証言した。夫人自ら人払いをして2人だけの理事長室でのやり取りだと説明した。

 

3種類の工事請負契約書を作ったり、借金だらけの中、借地状態での小学校設置申請だったことを認め、その中で政治的後押しを求めて多くの国会議員に働きかけをしたことを悪びれることなく、政治家の名をあげて証言した。国有地の払い下げが8億円も安くなったことには「びっくりした」と語り、「政治的関与があったのだと思う」と当然だと言わんばかりだ。

 

この段になって100万円の寄付バラシや喚問に応ずることにした理由については、小学校設置認可が困難な情勢に急転したことや自分に対する安倍首相の不快な個人発言などがあって、「もうこれ以上たえられない」という気持ちになったからだと説明した。利用しようとした権力者が厳しい姿勢を見せたら一転して反逆する…「日本国を支える人材を育てる」という教育観にはつながらない。

 

安倍首相からの100万円寄付を野党議員団にぶち上げたのは「ここには首相の思いが埋まっている。何とか計画をのこしてほしいという思いからだ」といった。その場その場に応じたつじつま合わせの話がよどみなく飛び出す。虚構が挫折したことにホッとする。信奉者がわが思いかなわずとみて豹変する。絶大な権力を負託された政治家は警戒してもし過ぎることはない。

 

川柳「朝囀」 やましさを 大きな声で 薮の中

« これでスッキリ、東電と国の責任断罪―大津波予見していた | トップページ | シリアで今、何が起きているのか »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裏切り証言、よくもスラスラと―籠池証言あきれるばかり:

« これでスッキリ、東電と国の責任断罪―大津波予見していた | トップページ | シリアで今、何が起きているのか »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ