« 裏切り証言、よくもスラスラと―籠池証言あきれるばかり | トップページ | また舌禍―人心忖度できない政治家多すぎる »

2017年4月 9日 (日)

シリアで今、何が起きているのか

 

 内戦の地、シリアで今、何が起きているか。私たちは目をそらしてはならない。誰もが傍観者ではいけない。歴史の目撃者として、そこに展開されている人間の顔をした悪魔たちの狂態をしっかりと見届け、歴史の負のページに克明に書き残していかなければならない。 

 

 シリアの罪もない市民がアサド政権の攻撃で死傷した。テレビ映像に映し出された、病院で手当てを受ける負傷者たちは泡を吹き、激しく痙攣(けいれん)を起こしていた。明らかに神経ガスを使った兵器を使用したものとみられる。人間を虫けらのように殺りくする戦争に国際合意違反うんぬんというのも馬鹿げた話だが、アサド政権の非人道を世界はどうすることもできないのか。

 

 3年前、アサド政権は非人道兵器サリンを使用し多くの一般市民を殺傷した。この凶行にアメリカがアサド封じを宣言し反撃開始に出ようとしたところをシリアを支持するロシアのプーチン大統領が「シリアの化学兵器を国際管理下に置く」と割って入り、シリアを守った。シリアに兵器を売り続ける、死の商人プーチンの陰謀だったのだ。シリアの凶行を長引かせてしまった。

 

 今度の化学兵器による大量殺りくで米トランプ大統領は59発の巡航ミサイルをアサド軍基地に打ち込んだ。中国の習近平国家主席との首脳会談の席で大統領が攻撃命令を出すという異常な場面もみせた。ミサイルによるゲームまがいの現代戦争の一端もみる。人類は第三次世界大戦の入り口にいるのかもしれない。悪魔と医師の仮面をかぶったアサドを支配者のイスから早く下ろさないといけない。

 

 川柳「朝囀」大国の 悪魔のゲームに 巻き込まれ (誠) 

« 裏切り証言、よくもスラスラと―籠池証言あきれるばかり | トップページ | また舌禍―人心忖度できない政治家多すぎる »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シリアで今、何が起きているのか:

« 裏切り証言、よくもスラスラと―籠池証言あきれるばかり | トップページ | また舌禍―人心忖度できない政治家多すぎる »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ