« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

小池さん、衆院選に「出ます」と堂々とおっしゃったら―

 

 「日本をリセットする」

小池さんね大きく出ましたね。

東京都知事、希望の党代表というより女帝ですね。

 現代のジャンヌ・ダルクって呼ぶ人もいますが、そりゃあ違います。年がちがう。

ジャンヌは。愛国者だった。最後はイギリス軍に捕らえられ、異端として火あぶりにされてしまいましたからね。

 小池さん、衆院選出馬はないなんて言ってるけど、なぜ「出ます」って正直に言わない。都政改革を掲げて都知事になり、都議選に圧勝したのに都政改革も知事職も放り出したって言われるのが怖いんですか。

 でも、もう十分、知事職を投げ出してますよね。民進党との合流のつじつま合わせ、左派系議員の排除など都知職を放り出さない限りやれませんよね。

 政権選択選挙ですよね。あなたが好きな前原さんも小沢さんも、どんな手を使っても安倍政権を叩きつぶすんだと言ってる。あなたが啖呵を切った「日本をリセットする」というのもそのことでしょ? あとになって「出る」って言ったら、示しがつきませんよ。

 それにしても長い政治家生活の中で本当に「政治」をやったって胸を張って言えるのはどれほどですか。細川氏の日本新党で政治家入り、翌年の小沢氏の新進党結党、その解党と自由党結党に参加、さらに小沢氏に決別して自民党入り、小泉政権、安倍政権で中枢に潜入し、自民党の総裁選まで駒を進めた。

 変わり身が早いというのは政治家としていいことかよくないことかわかりませんが、世話になった政党や政治家に砂をかけておさらばは行儀がよくない。

 「しがらみのない政治」を提唱されてますが、小池さんのように恩や義理を断ち切るって言うことならわかりますが、私は嫌いだな。

 前原さんや小沢さんね小泉さんにつながる今回の動きは「しがらみ」そのものじゃないですか。

2009年に「小沢民主党」に政権をだまし取られた国民が、また同じ過ちを侵すとは思えませんが…小池さん、ちょっと調子に乗り過ぎじゃないですか。

 

 川柳「朝囀」リセットは 民進だけに しておいて    ()  

 

 

2017年9月17日 (日)

この解散「不まじめ解散」と命名しよう

 安倍首相が年内に衆院を解散する構えだ、と気象庁ではなく、新聞とテレビが一斉に解散風の予報に踏み切った。28日召集の臨時国会冒頭でいきなり踏み切ることを視野に入れているという。野党の要求をさんざんじらした後やっと開会する臨時国会の冒頭で解散とは不まじめ極まりない。本欄は今回の解散に「不まじめ解散」と命名しようと思う。

 

解散して国民の信を問う大義はアベノミクスの成果と継続だと伝えられるが、それはもう何度も国政選挙で争点にされてきたし、国民の信を得ているではないか。サラリーマンの収入は確実に増えているし、上場企業の役員のうち年収1億円以上の高額所得者は何と530人、中型、小型のカルロス・ゴーンがいっぱいだ。

 

北朝鮮の核実験や弾道ミサイル発射が続く中、政治空白をつくるのはよろしくない、と新聞、テレビが文句をつけているが、政治空白は年初からずっと続いているじゃないか。「森友学園」「加計学園」騒動で政治らしい政治はやってない。野党も政局に絡めようと新聞、テレビ、週刊誌のコピー情報でまがいものの質問戦、日ゼニ何億円の国会空転を続けてきたじゃないか。

 

挙句の果ては野党第一党の民進党に至っては新しい党代表を戴いて出直し宣言したと思ったら、幹事長内定者が何とダブル不倫疑惑の大恥、小池東京都知事人気に引っ張られて離党者が相次いでいる。こんなことで「もう一度政権に」なんてよくも言う。党総理が「改憲」の具体内容を提示したんだから、自民党も憲法改正を争点に掲げて戦ったらどうだ。

 

川柳「朝囀」いつまでも あると思うな そのバッジ  ()

2017年9月 6日 (水)

前原新代表の大失態を怒る新聞はなし…ああ

 今朝の新聞各紙は例外なく民進党・前原誠司代表の執行部人事構想の失敗を1面トップで取り上げた。しかし、その見出しや生地の中身を一覧すると、「オヤッ」と思ってしまう。「前原新代表、いきなりつまずく」「山尾幹事長断念でおわび」「求心力に疑問符」「党運営はさらに厳しく」…などと、新執行部の船出の難破にしてはやさしい見出しばかり。むしろ同情しているかのようだ。

 

政権党と野党の違いはあるにしても自民党に対する姿勢から見れば天と地ほどの違いだ。「失敗を反省し早い出直しを」「挙党体制へ再構築を」「雨降って地固まるを」…中にはあっけらかんとエールを送っている小見出しもある。これだからわが国では政治が育たない。政党が育たない。前原代表のやったことは「つまずき」でも「あやまち」でもない。政党のリーダとしての「大失態」なのだ。

 

前原氏がこの時点で党代表を背負うとした決意が党内で理解されていない。党を背負うために期した執行部人事が簡単にひっくり返されてしまうようでは政権党と渡り合えないだろう。党内人脈の把握にも不安がある。政治そのものに責任が持てるのか。離党予備軍は増えこそしてもおさまる気配はない。そんな危なっかしい状況でよくも「もう一度政権をめざす」などと言えたものだ。

 

なぜ共産党との共闘に代表選挙の終盤でカジを切った。選挙のためなら簡単に発言を変えてしまう。本当の主義、主張、信念がどこにあるのか分からない。民進党の党勢回復がパッとしないことを気遣う政治メディアが「前原新体制にまとまろう」とエールを送る。そのたびにひとり、ふたりと支持者がこぼれる。自力回復の覚悟がないことを露呈しているからだ。厳しく叱る声が届いていない。

 

川柳「朝囀」壊れてく 甘い評論 野党です  ()  2017・9・6

2017年9月 4日 (月)

日野氏の暴力を音楽界が擁護だ…と、そんな馬鹿な

 音楽界の一部には日野皓正氏を擁護する声もある―。インタネットを開いたらいきなりそんな文章が目に飛び込んできた。一瞬、目を疑った。世田谷で開催された子どもジョイント演奏会で「世界的なジャズトランペット奏者」の日野氏が男子中学生に暴力を加えた事件のことだ。音楽界にもいろんな人がいるのは承知しているが、まさかあの暴力行為を擁護するなんて、ちょっと考えられない。何かの間違いではないか。

 

 暴力を擁護する一部の人とはネットに書き込んだご本人ではないのか。最近は新聞記者だけでなくモノを書いている人の中に自分の考えや自分の思いをあたかも世論や世情の反応であるかの如く書いて平然としている人が増えた。政治情勢や世相分析を書いておしまいに「このことは国民の怒りを買うことになるだろう」とか「国会で激しい攻防になりそうだ」などと書いている。実はみんな自分自身の予想、想像なのだ。

 

 日野氏の行動を動画で見れば擁護する人なんかいるはずがない。ステージ上でドラムを叩き続ける中学生に日野氏が走り寄ったかと思ったら髪を鷲づかみにして振り回し、往復ビンタを食らわした上、ドラムのスティックを取り上げ、放り投げた。半狂乱の状態だ。日野氏は「ビンタは教育だ」なんて開き直ったが、暴力そのものだ。戦時中の軍隊ならわかるが、演奏会じゃないか。軍隊じゃないぞ!

 

 音楽家にとって命ともいうべき演奏用具を投げつけるなんて世界的なジャズトランペット奏者の名が恥ずかしい。それも多くの人が見ている目の前でだ。暴力を目の当たりにした子どもたちはどんなに心を傷つけられたことか。それに思いも及ばなかったというなら 日野氏は子どもたちの指導から身を引くべきだ。音楽はもちろんスポーツ、芸術、学術…なんでも人より優れていれば暴力もかまわないのか。暴力を擁護するなら堂々正大にやれ!

 

川柳「朝囀」偉大なら 素直に過失 受け入れて ()    2017・9・4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年9月 2日 (土)

指導と暴力を吹き違えたラッパ吹き

 ステージ上でドラムをたたき続ける中学生に走り寄った世界的なジャズトランペット奏者、日野皓正氏が演奏棒を投げつけたと思ったら、髪を鷲づかみにして振り回し、往復ビンタを食らわした上、ドラム用スティックを取り上げ放り投げた。ぼやけ気味な動画を何度見ても、これは日野氏の暴力行為だ。半狂乱そのものだ。日野氏は「ビンタは教育だ」なんて開き直っているが、人生経験豊かな世界的トランぺッターの欠片も感じられない。

 

 誰が見たって指導でも教育でもない。怒り狂った一人の男が見境もなく暴力を振るっている狂態でしかない。ステージの円滑な進行を乱す行為に腹を立てたのだろうが、だからといって音楽家にとって命ともいうべき演奏用具を投げつけるなんて指導者の資格もないだろう。暴力行為を含めてそのご乱行を目の当たりにした子どもたちはどんなに心を傷つけられたことだろう。それさえ思いが及ばなかったというならイベントは続けるべきではない。

 

一部始終を見ていた大人たちはどうしたんだ。主催者の世田谷区教育委員会に日野氏に対して厳重に抗議するよう求めるべきじゃなかったか。週刊誌が騒いでも頬かむりを続けているなんて無責任じゃないか。区教育委員会だって、できるだけ穏便に済ませたかったなんて考えていたとすれば大間違いだ。それも当事者が世界的なトランペット奏者だからか。多くの子どもの心に傷を残しても有名人、著名人を守ろうなんて本末転倒だよ。

 

報道陣に対して日野氏が浴びせたひと言にはあきれた。「あんたたちが(追及報道をするなど)こういうことをやって日本文化をダメにしているんだ。だから、文化が低迷しているんだ」。自分がやったことを棚にあげて何を言ってるんだ。何様だと思っているんだ。自分の感情もコントロールできない爆発屋にすぎないじゃないか。日野氏は中学生ドラマーに対してだけでなく心傷ついた子どもたちに一日も早く謝罪すべきだ。

 

川柳「朝囀」 厳しさを 吹き違えたり ジャズ奏者  ()  2017・9・2

 

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ