« 2017年9月 | トップページ

2017年10月

2017年10月30日 (月)

いつからそんなに寛容になった、枝野立民党代表。

  枝野代表、いつからそんなに寛容になったんですか。

だって、静岡選挙区で比例復活当選したセクハラ疑惑の青山雅幸議員は

党員資格停止とはいえ国会議員としての資格には無言を決め込んでいる。

不倫離党の山尾志桜里議員を党に迎え入れるというではありませんか。

 

 ほかの党の議員がセクハラや不倫騒動を起こしたら国会を止めてしまう

ほど大騒ぎするのに、自分の党の議員のことではダンマリを決め込んでし

まう。枝野代表、あなたが選挙戦を通して訴えた「まっとうな政治」って

そういう都合のいいことをやることですか。

 

 「まっとうな政治」を信じて立憲民主党に「1票」を投じた、少なくと

も静岡選挙区の人々はだまされたという思いではないかと思います。党員

資格を停止されても青山議員は国会議員としてとどまるわけで、立民党の

当選者も55人としてカウントされるのではないですか。

 

  けじめのある、まっとうな政治を主張したのですから、青山、山尾両議員に対して

 けじめある姿勢を見せるべきです。特に青山議員に関して沈黙が続いていることにつ

 いて「政治家は誰もそれくらいのことをやっているからだろう」などと囁かれていま

す。枝野代表、盟友だからこそ厳しい姿勢が貫かれるべきではないですか。

 

 

 

 

  

 

 

 

2017年10月27日 (金)

立憲民主党、青山雅幸議員は即刻、辞職すべきだ

 立憲民主党、青山雅幸議員(55)からセクハラ行為を受けたという女性秘書の証言をテレビで聞いた。耳もとで囁いたり、嫌がるのに無理やり引き寄せたり、身の毛がよだつほど怖かったと秘書が訴えている。党員資格の停止で済むわけない。党として議員を辞職させるべきだ。枝野代表は大学時代から行動を共にした盟友だというなら、それを決断すべきだ。

一般人の行動でも許せない。人権を守る弁護士であり、人を導くべき国会議員だ。

責任は一段と重い。選挙区の人々はそんないい加減な人間だとは思いもよらず票を投じたはずだ。女性秘書の告発に「うそつき」呼ばわりするなどとんでもない。そんな人が政界にとどまってもろくな仕事は期待できないだろう。

 

 

  

 

 

 

 

セクハラはだめだが不倫はいい? どうなってるの立民のけじめ

 何を信じていいのか分からない。立憲民主党は不倫交際の山尾志桜里衆院議員を入党させる一方、セクハラ疑惑の青山雅幸衆院議員を党員資格停止処分にするそうだ。セクハラはだめだが不倫はいい、とでも言っているようなものだ。

山尾議員を党憲法調査会の事務局長に起用するという。個人の尊厳だの何のと言っているそうだが、不倫相手の男性の奥さんや子どもの尊厳を傷つけておいて個人の尊厳を守るだなんてよく言うよ。元検事じゃないか、倫理の欠片もない。笑っちゃうね。青山議員だって党員資格停止っていうけど国会議員の身分のままじゃないか。本業は弁護士だっていうから笑っちゃう。そんな人物を公認したことを恥じるでもない。枝野代表は3・11福島原発事故の際、国民、市民をさておいて妻子を外国にこっそり避難させた。衆院選挙中は「まっとうな政治」なんて大言壮語していたが口ばっかりだ。

 川柳「朝囀」セクハラも 不倫もまっとう いい気だね () 

 

 

 

 

« 2017年9月 | トップページ

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ